外構用「RIKCAD」が海外進出!シンガポール市場に“グリーンBIM”を売り込む

2018年7月24日

管理人のイエイリです。

シンガポール観光に欠かせないのが、屋上に曲線を描くようなプールを持つホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」と、その海側に広がる広大な公園「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」です。

2018年7月22日、このホテルの屋上からガーデン・バイ・ザ・ベイを見下ろしてみると、なんやら白いテントのようなものがたくさん立ち並んでいました。

マリーナ・ベイ・サンズの屋上から、ガーデン・バイ・ザ・ベイを見下ろしたところ。右側にテントのようなものがたくさん立ち並んでした(以下の写真:特記以外は家入龍太)

マリーナ・ベイ・サンズの屋上から、ガーデン・バイ・ザ・ベイを見下ろしたところ。右側にテントのようなものがたくさん立ち並んでした(以下の写真:特記以外は家入龍太)

現場に行ってみると確かに、いろいろとテントが立ち並んでいます。実はこの日、庭園をテーマにした展示会イベント「シンガポール・ガーデン・フェスティバル(Singapore Garden Festival 2018:SGF)」が開催されていたのでした。

ガーデン・バイ・ザ・ベイに設置されたテント

ガーデン・バイ・ザ・ベイに設置されたテント

中に入ってみると、冷房がガンガン効いていて超快適でした。水の流れる庭園などを展示したパビリオン

中に入ってみると、冷房がガンガン効いていて超快適でした。水の流れる庭園などを展示したパビリオン

企業などのブースが立ち並んだパビリオン。こちらもクールです

企業などのブースが立ち並んだパビリオン。こちらもクールです

また、普通の展示会のように企業などのブースが並んだパビリオンもありました。その奥の方に発見したのは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

RIKCADのブース

 

だったのです。

「RIKCAD 9」と書かれたブースと対応する社員の皆さん

「RIKCAD 9」と書かれたブースと対応する社員の皆さん

外構を3Dで設計するRIKCADの画面

外構を3Dで設計するRIKCADの画面

RIKCAD」とは、ユニマットリック(本社:東京都港区)が開発・販売する外構設計用の3次元CADです。いや、その中身は、グラフィソフトの「ARCHICAD」をカスタマイズしたものなので、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフトと言った方が適切かもしれません。

その特徴は、モデリングが難しい様々な樹木のBIMパーツを集めたライブラリーを持っていることです。そして、他のBIMソフトと異なるのは、樹木の成長をシミュレーションできることなのです。

樹木の成長をシミュレーションできるのが「RIKCAD」の特徴だ

樹木の成長をシミュレーションできるのが「RIKCAD」の特徴だ

同社は2018年6月、最新版の「RIKCAD 9」を発売しました。そして、今回は海外市場への進出を図るため、メニューなどを英語化した「インターナショナル版」を開発し、このイベントに乗り込んだのです。

これまでBIMによる建築設計では、建物自体は3Dで作り込む半面、周囲の樹木や庭園などは、画像処理ソフト「Photoshop」などで張り込むのが一般的でした。

その点、RIKCADはリアルな樹木を3次元で表現したり、自然石でできた石垣の3Dモデルをワンタッチで作成したりできるので、海外のBIMユーザーは驚いたようです。

ユニマットリックは、RIKCADを販売するのと並行して「E&Gアカデミー」というエクステリアの専門校も運営しています。

今回、RIKCADのインターナショナル版を発売するのに合わせて、「E6Gアカデミー」の

 

シンガポール校も開校

 

するのです。

「E&Gアカデミー」シンガポール校の教室と現地スタッフ

「E&Gアカデミー」シンガポール校の教室と現地スタッフ

シンガポールでRIKCADの販売やE&Gアカデミーの運営は、トロピック・プランナーズ&ランドスケープ社(Tropic Planners & Landscape:TP&L)が担当します。

シンガポールの記念日となる2018年8月9日には、「グリーンBIM」をキャッチフレーズとして、RIKCADインターナショナル版の発売と、E&Gアカデミーのシンガポール校の開設について、現地で記者発表を行うそうです。

TP&Lのビンセント・チアCEO(左)とユニマットリックの小松正幸代表取締役社長(右)

TP&Lのビンセント・チアCEO(左)とユニマットリックの小松正幸代表取締役社長(右)

ユニマットリックの小松正幸代表取締役と、TP&Lのビンセント・チア(Vincent Chia)CEOは2年前のSGFでたまたま出会ったのがきっかけとなり、今回の海外展開プロジェクトがスタートしたそうです。

しかし、わずか2年間でここまでこぎ着けるとは、スピーディーな展開ですね。その行動力と決断力には感心しました。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »