賃貸住宅を手軽にIoT化!東急住宅リースが入居者にスターターキットを提供

2018年10月29日

管理人のイエイリです。

最近の家電製品は、エアコンやテレビ、LEDライトなど、赤外線リモコンで操作できるものが多くなっています。

ゲーム用パソコンなどの開発・販売で知られるマウスコンピューターは、赤外線によって様々な家電製品を接続し、統合的に制御が行えるようにする「mouse スマートホーム」というシステムを発売しています。

「mouseスマートホーム」による家電の連携イメージ(以下の資料:東急住宅リース)

「mouseスマートホーム」による家電の連携イメージ(以下の資料:東急住宅リース)

その基本コンセプトは、室内にある家電を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

スマートフォンだけ

でコントロールできるようにすることなのです。(東急住宅リースのリリースはこちら

いわば、住宅を手軽にIoT(モノのインターネット)化しようという製品です。

そして、初めてこのシステムを導入するユーザーのために、中核の制御装置となるルートハブに、ドアの開閉を検知するドアセンサーや人の動きを検知するモーションセンサー、電源のオン・オフ機能を搭載したコンセント、スマートプラグなどをセットにした「スターターキット」を発売しています。

スターターキットの使用イメージ

スターターキットの使用イメージ

これを使うと、スマートフォンにアプリをインストールして、ルートハブを室内に置くだけで、住宅を手軽にスマホ一つで制御できるようになるのです。

家電ごとに、いろいろなリモコンを探す必要がないので便利そうですね。

それだけではありません。ルームハブをインターネットに接続することで、外出先でもドアセンサーによってドアや窓の閉め忘れや、モーションセンサーによって

人やペットの動きを感知

して知らせてくれるのです。

留守番しているペットのために、外出先から照明をオンにしてあげることもできます。

手軽に後付けできるこの製品に目を付けたのが、東急住宅リースです。同社は約8万9000戸の賃貸住宅を管理しており、その入居者を対象に「mouseスマートホーム」製品の紹介やレンタルを2018年10月15日に開始しました。

入居者向け専用サイトの「かなえていくリーブル」や、家具や家電のレンタルを行うサービスサイト「RENTAS」で扱っています。

気になるお値段ですが、「IoT家電スターターキット」が1年間契約で2万6880円(税別)となっています。

しかし、ゲーム用パソコンで有名なマウスコンピューターが、住宅のIoT化分野に進出しているとは、筆者も知りませんでした。太陽光発電は使わないけど、住宅のIoT化を低コストで実現するには便利ですね。

「mouseスマートホーム」のコンセプトを説明した動画(YouTubeより)

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »