忘れ物を発見し、本人にお声がけ!NEXCO中日本が“AIトイレ”を開発

2018年10月25日

管理人のイエイリです。

急いでいるときにトイレの個室に入ると、つい財布などを置き忘れてしまいがちです。

NEXCO中日本の管内では、2017年度にサービスエリア(SA)やパーキングエリア(SA)の係員に寄せられた落とし物や忘れ物の件数は年間約2万件にものぼり、トイレの個室での忘れ物も多く含まれています。

そこで同社のグループ会社である中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋(本社:名古屋市中区)は、トイレのシステム開発会社、木村技研(本社:東京都世田谷区)と共同で、画期的なトイレを開発しました。

財布などを置いたまま個室を出ようとすると、トイレの天井から

ナ、ナ、ナ、ナント、

忘れ物はありませんか

とお声がけしてくれるものなのです。

忘れ物の発見イメージ(以下の資料:NEXCO中日本)

忘れ物の発見イメージ(以下の資料:NEXCO中日本)

といっても、監視カメラで個室内をのぞいているわけではありません。天井に設置した「アウトラインセンサー」が個室内の人や物の動きを「シルエット」として認識しているのです。

もし、退室時に一定以上の大きさ(10cm×5cm程度)のものが残っていた場合には、AI(人工知能)が使用前後のアウトライン(輪郭)画像を比較して、瞬時に「忘れ物」と判定。センサー内蔵のお知らせスピーカーがお声がけしてくれるのです。

センサーには検知に必要な明るさを確保するためのLED照明なども一体化されています。

トイレ内部の様子を輪郭として認識する「アウトラインセンサー」の構造

トイレ内部の様子を輪郭として認識する「アウトラインセンサー」の構造

トイレの個室上部に設置されたアウトラインセンサー

トイレの個室上部に設置されたアウトラインセンサー

忘れ物を認識したときのアウトライン画像

忘れ物を認識したときのアウトライン画像

このセンサーにはもう一つ、重要な機能も備えています。それは

トイレ内の急病人を発見

する機能です。

トイレの使用中に急病などで人の動きが全くなくなると、アウトラインセンサーが「倒れ込み」と判定し、センサー内蔵の黄色いLED照明が点灯し、周囲の人に知らせるという仕組みです。

急病人発生時の発見イメージ

急病人発生時の発見イメージ

倒れ込んだ人のアウトライン画像

倒れ込んだ人のアウトライン画像

NEXCO中日本ではこのセンサーをC3 東海環状自動車道の鞍ヶ池パーキングエリア(内回り)の男子トイレ2カ所に設置したところ、忘れ物をすべて発見できたそうです。

一方、トイレットペーパーのカスなどを忘れ物と判定したこともあったので、AI分析の精度向上を図っていきます。幸い、急病人は発生しませんでした。

NEXCO中日本では、今後も同PAでの試行検証を引き続き行い、忘れ物を知らせる専用モニターや音声案内装置を今年度中に開発。来年度から忘れ物が多いSAやPAなどに導入していく予定です。

私のようなそそっかしい人には、大変助かる装置ですね。本格的な設置が期待されます。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »