圧倒的なリアリティー!凸版印刷がマンション用VRシステムを開発

2018年10月30日

管理人のイエイリです。

マンションや戸建て住宅などの販売では最近、物件をVR(バーチャルリアリティー)化し、実物大の3D映像を体験できるシステムを使って商談する企業が増えています。

しかし、これまでのVR内見は空間の広さ・高さや、内装などの簡易シミュレーションにとどまり、その場で顧客の要望を画面に反映することが難しいという、質と早さの点で課題もありました。

そこで凸版印刷は、同社がこれまで培ってきた技術を生かしたマンション用VRシミュレーションシステム「トッパンバーチャルモデルルーム」を開発し、2018年11月からマンションデベロッパー向けに販売することになりました。

「トッパンバーチャルモデルルーム」の画面イメージ。リアルな質感やリアルタイムなシミュレーション力がこれまでのVRとひと味違う(以下の資料:凸版印刷)

「トッパンバーチャルモデルルーム」の画面イメージ。リアルな質感やリアルタイムなシミュレーション力がこれまでのVRとひと味違う(以下の資料:凸版印刷)

その特徴は、凸版印刷の高精細な画像処理技術を生かしたリアルな質感表現と、共同開発者であるゲーム開発企業、ヒストリア(本社:東京都品川区)が持つ高速処理技術などを生かしたリアルタイムなシミュレーション力で、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

圧倒的なリアリティー

 

を実現したのです。(凸版印刷のプレスリリースはこちら

ゲーム用のグラフィック技術を導入しているため、ゲームコントローラーで室内空間を自由に移動しながら、高精細のリアルな立体映像が体感できます。

また、床や扉、家具などはメニューの中から好みのものを選ぶと瞬時に室内のデザインが変わります。事前に設定をしておけば、内装のスタイルを一括変換したり、間取りを3LDKから2LDKへと変更したりすることも可能です。

ゲームコントローラーで室内空間を自由に移動しながら、リアルな立体映像が見られる

ゲームコントローラーで室内空間を自由に移動しながら、リアルな立体映像が見られる

床や建具の色を変更するのも簡単

床や建具の色を変更するのも簡単

内装のスタイルを一括変更する画面

内装のスタイルを一括変更する画面

家具の配置もリアルタイムに変更できる

家具の配置もリアルタイムに変更できる

このほか、朝から夜までの日照の変化や、照明による雰囲気の変化も再現できるほか、窓からの眺めもVR内に反映できます。

映像はヘッドマウントディスプレーで没入体験するほかに、大画面ディスプレーで複数の人が同じ映像を見ることもできます。

また、任意の画角で4K高精細画像に出力できるので、デベロッパーにとっては広告やパンフレットなどの販売ツールとしても使えそうですね。

昼間、太陽光が差し込んでいるときのシーン

昼間、太陽光が差し込んでいるときのシーン

夜、照明が灯ったときの雰囲気。外の景色も夜景になっている

夜、照明が灯ったときの雰囲気。外の景色も夜景になっている

これだけクオリティーの高い映像が、実物大で立体的に見えるとなると、

 

モデルルームはいらない

 

という時代になりつつあるのかもしれませんね。

凸版印刷ではこのシステムをデベロッパーなどに対して拡販し、2020年には約20億円の売り上げを目指しているとのことです。

同社が2018年11月20日~22日にショールーム「FOREST(フォレスト)」(東京都台東区台東1-5-1)で開催する「フォレストフェア2018秋」でも、デベロッパーなどを対象に完全予約制で公開されます。ご興味のある方は、同社プレスリリースを参照の上、申し込んでみてはいかがでしょうか。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »