リアルな明るさをVRで体感!竹中工務店がBIM用ツールを開発

2018年11月26日

管理人のイエイリです。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やVR(バーチャルリアリティー)の普及により、建築物でも完成時の建物を“見てから買う”ことが可能になってきました。

しかし、BIMモデルやVRの映像をVRゴーグルで見ると、実際の建物に比べて

明るさ感が大きく違う

ことがあります。

例えば、次の写真とVR映像のキャプチャーをご覧ください。写真だと壁や床が暗く写るのに、VR映像だと全体的に明るくなるといったことが起こります。

実際の会議室を撮影した写真。壁や床が暗く写る(以下の写真、資料:竹中工務店)

実際の会議室を撮影した写真。壁や床が暗く写る(以下の写真、資料:竹中工務店)

同じ会議室のVR映像。壁や床が異常に明るい

同じ会議室のVR映像。壁や床が異常に明るい

明るさ感が実際とVRとで違う理由は、見ている物の輝度と周囲の輝度の「輝度対比」や、暗さに対する目の順応の程度によって、同じ輝度でも明るさに対する感じ方が異なるからです。

そこで、竹中工務店とビジュアル・テクノロジー研究所(本社:東京都世田谷区)は、東京工業大学の中村芳樹教授が開発した特許技術を使って、

現実に近い明るさ感

をVRで体感できる視環境設計支援ツールを開発したのです。(竹中工務店のプレスリリースはこちら

新開発の視環境設計支援ツールで変換した上記のVR映像。写真の明るさ感に近い映像となる

新開発の視環境設計支援ツールで変換した上記のVR映像。写真の明るさ感に近い映像となる

上の映像を見ると、確かに照明と壁や床などとの明暗のコンラストがはっきりして、全体的に暗めになっているのがわかります。一番上の写真の見え方に近づいていますね。

このツールを使うと、BIMモデルを輝度の対比と明暗への順応効果を加味することができ、人が感じる明るさや見え方に近い映像が作成できます。

また、VRゴーグルを使うことで外光をカットした状態で見られるので、輝度分布に基づく明るさ感も体感しやすくなります。

人間の視覚や聴覚などは、状況によって大きく変わるので、今後はITシステムとの差をいかに縮めるかが課題になってきそうですね。VRもそのレベルまで進化してきました。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »