仮想空間に61棟が集結!第0回「VR建築」コンテストは大盛況だった

2018年12月17日

管理人のイエイリです。

10年ほど前、WEB上で「セカンドライフ」というVR(バーチャルリアリティー)ゲームがブレークしたことを懐かしく思う方もいらっしゃるでしょう。

それをさらにリアルにしたような「VRChat」というソーシャルメディアがあり、建築関係者の間で注目を集めています。

このほどVRChatのバーチャル空間を使って、第0回「VR建築」コンテストが開催されました。

VRChat上で開催された第0回「VR建築」コンテストのウェブサイト(以下の資料:xRArchi)

VRChat上で開催された第0回「VR建築」コンテストのウェブサイト(以下の資料:xRArchi)

主催者の「xRArchi」が用意した敷地に、VRで作成された建物を建てていくものですが、初めての開催にもかかわらず、

ナ、ナ、ナ、ナント、

61作品がエントリー

する大盛況ぶりだったのです。

1つのVR空間にこれだけの精密な建物VRデータを配置するのは、技術的にもかなり大変だったのではないでしょうか。

各作品は12月8日~13日の審査期間、審査員だけでなく、一般の人も内外をウオークスルーして見て回ることができました。

審査員と一緒に、いろいろな人が「アバター」という仮想の姿をまとって、各作品を回りながら音声で「わちゃわちゃ」意見を言い合う様子は、まるで本物の建物の展示場を回っているかのようなリアリティーがあります。

その様子は、YouTubeで「第0回VR建築コンテスト「お宅訪問・交流会」」という動画で公開されているので、VRChatがどんなものなのかを知りたい方はご覧ください。

審査員に混じり、各作品を回る一般アバターたちの姿も

審査員に混じり、各作品を回る一般アバターたちの姿も

そして、昨日(2018年12月16日)の夜、その結果発表がネット上で行われました。

見事、最優秀賞に輝いたのはCaptain+鯨井さんの「Cube Code Core.」という作品で、海上コンテナを積んだ家を樹木が取り巻くような作品でした。

ネット上で開催された結果発表。YouTubeなどでも生中継された

ネット上で開催された結果発表。YouTubeなどでも生中継された

最優秀賞に輝いた「Cube Code Core.」という作品

最優秀賞に輝いた「Cube Code Core.」という作品

上のデッキに上ると心地よい空間が広がっている

上のデッキに上ると心地よい空間が広がっている

超リアルにモデリングされた電柱は見ていても飽きない

超リアルにモデリングされた電柱は見ていても飽きない

台所では料理もされていた

台所では料理もされていた

審査員3人による審査員賞のほか、選外佳作や特別賞も贈られました。(結果発表はこちら

番匠カンナ賞 moz賞 VoxelKei賞

ゆらぎの建築(Ytomi)

ゆらぎの建築(Ytomi)

カメさんと元気の生る木(小熊猫レッキー)

カメさんと元気の生る木(小熊猫レッキー)

Sakura Concrete(noriben)

Sakura Concrete(noriben)

20181217-image13

VoxelKei賞を受賞した「Sakura Concrete」という作品は、建物の輪郭をかたどるコンクリートの代わりに、

桜の花びらが舞う

というユニークなものでした。

建物の輪郭を桜の花びらが舞う「Sakura Concrete」

建物の輪郭を桜の花びらが舞う「Sakura Concrete」

建物の中に入って見上げたところ。VRだが心地よい空間だ

建物の中に入って見上げたところ。VRだが心地よい空間だ

まさにVRだからこそ表現できるバーチャルな建物です。現実の建物としては実現不可能ですが、VR空間の中に入って見ると心地よさを感じるのも事実です。

建物の実現性にとらわれず、人間が心地よいと感じる空間や建築デザインを追求していけるところが、VR建築のよさですね。

第0回の「VR建築」コンテストは、このように大盛況の中、幕を閉じました。続いて「第1回」は、いつ開催されるのかがとても期待されます。

主催者や審査員の皆さんは、さぞかし大変だったのではないでしょうか。お疲れさまでした!

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »