スマホで草刈り!西武造園が日本初のロボットによる草地管理の実験

2018年12月14日

管理人のイエイリです。

芝生や草地を管理していく上で、欠かせないのが草刈り作業です。

作業回数を減らすため、現在は2~3週間に1回の割合で「草が伸びてから刈る」という方法が主流ですが、逆に刈った草を集めたり、運搬・処分費が発生したりという問題もあります。

そこで西武造園(本社:東京都豊島区)は、子会社の西武緑化管理(本社:東京都小平市)とハスクバーナ・ゼノア(本社:埼玉県川越市)と共同で、2018年10月15日から2019年3月31日まで、画期的な実験を行っています。

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

ロボット芝刈り機

 

をスマートフォンで遠隔操作することにより、自動的に草地管理を行っているのです。(西武造園のプレスリリースはこちら

実証実験に使われているロボット芝刈り機「Automower 330X」(以下の資料:西武造園)

実証実験に使われているロボット芝刈り機「Automower 330X」(以下の資料:西武造園)

実証実験が行われている福島ロボットテストフィールド

実証実験が行われている福島ロボットテストフィールド

スマホによる遠隔操作イメージ。ロボット芝刈り機の運転・停止・刈り高調整、タイマー設定などが行える

スマホによる遠隔操作イメージ。ロボット芝刈り機の運転・停止・刈り高調整、タイマー設定などが行える

実証実験は、福島県南相馬市にある「福島ロボットテストフィールド」で行われています。

スウェーデンに本拠を置くハスクバーナ・ゼノアのロボット芝刈り機「Automower 330X」を、スマホによる遠隔操作と自律運転を組み合わせて、運転・停止・刈り高調整・タイマー設定の各作業を試行しているものです。

ロボット草刈り機の導入によるメリットとしては、(1)均一な高さの芝生管理、(2)飛び石や物損などの事故を防ぐ高い安全性、(3)自動充電による手間のかからない稼働、(4)GPS(全地球測位システム)による刈り込みパターンの調整が、期待されています。

スマホで遠隔操作できるので、わざわざ草刈り機のところまで行かないで、作業が行えるのが便利ですね。

20181214-image02

ロボット草刈り機による効果。上がある都市公園での草刈り前、下が草刈り後

ロボット草刈り機による効果。上がある都市公園での草刈り前、下が草刈り後

この実証実験の狙いは、

 

人手不足の解決

 

と、管理費の低減を両立させることです。

ロボット草刈り機が自動的に作業してくれるなら、こまめに草刈りを行うことで常に一定の高さの草地にキープすることができます。

また、刈った草も少量なのでその場で分解、肥料としてリサイクルすることで処理も簡単になりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »