床に体重計、壁に天気情報!凸版印刷のIoT建材で生活はどう変わる?

2018年12月13日

管理人のイエイリです。

凸版印刷は床材に圧力センサーを仕込み、上を歩いた人の位置を計測する「ロケーションフロア」という新製品を2018年12月に本格発売します。(詳細を2018年11月20日付けの当ブログ記事を参照

この製品に続き、建材にセンサーなどを組み合わせた「トッパンIoT建材」が、続々と登場してきました。(IoT:モノのインターネット)

まずは「ステルスヘルスメータ-」という床材です。バスルームにつながる洗面台あたりに設置するものですが、この床材に乗るだけで、

ナ、ナ、ナ、ナント、

体重や体脂肪率

などの身体情報を自動的に計測できるのです。

「ステルスヘルスメーター」の外観。計測用の電極などがついている(以下の写真:凸版印刷)

「ステルスヘルスメーター」の外観。計測用の電極などがついている(以下の写真:凸版印刷)

体重や体脂肪率などを測定する体組成計を、床材に組み込んだもので、その上に立つだけでさりげなく身体情報を取得できます。

一般の体組成計のように出し入れする必要がなく、フラットな床だけなので人の動線上に設置してもじゃまになりません。デザイン的にもスマートですね。

計測したデータはシステムによって時系列的に記録し、スマートフォンなどで見ることができます。

洗面台の床などに組み込んでおくと、歯みがきや手洗いの際に体重や体脂肪率などが自動的に測定できる

洗面台の床などに組み込んでおくと、歯みがきや手洗いの際に体重や体脂肪率などが自動的に測定できる

計測結果はスマホで見られる

計測結果はスマホで見られる

ステルスヘルスメーターは、約46cm角の床材として2018年12月中旬から提供されます。気になるお値段は約6万円から(設置費用やシステム構築費は別途)となっています。

凸版印刷はIoT建材シリーズとして「インフォウォール」という新製品も発表しました。壁材の化粧シートとディスフレーを組み合わせたもので、

壁に天気や気温

などの地域情報やメッセージなどを表示できるものです。

外観は普通の壁材と変わらない「インフォウォール」

外観は普通の壁材と変わらない「インフォウォール」

スイッチを入れると天気や気温などの生活情報が表示される

スイッチを入れると天気や気温などの生活情報が表示される

壁に表示する情報はクラウドサーバーから、家族のスケジュールやメッセージ、地域情報などを取得します。

家族間でデジタル伝言板などとして活用することもできます。また、ダイエットに励んでいる時期は、ステルスヘルスメーターで計測した体重などをリアルタイムで表示しておくのも良さそうですね。

常時、天気を表示しておくと、朝、だんなさんが出掛けるとき「今日は雨が降りそうよ。気をつけていってらっしゃい」と奥さんがかさを手渡す、といったコミュニケーションも生まれそうです。

インフォウォールは、2019年の夏に発売される予定です。

壁に表示された天気情報が、家族間の会話を促進した例

壁に表示された天気情報が、家族間の会話を促進した例

インターネットやスマホの普及で、様々な情報が得られる時代になりましたが、人間の健康情報は意識的に計測しなければ得られず、また情報を見るためにはスマホやパソコンなどのデジタル機器を操作する必要がいまだにあります。

その点、ステルスヘルスメーターやインフォウォールなどのIoT建材は、日常生活の空間で暮らすだけで自動的に健康情報をインプットしたり、天気情報をアウトプットしたり手間がかかりません。

IoT建材は、無意識に情報を活用できる「ユニバーサルデザイン」のメディアとして、住宅はもちろん、医療・福祉施設や商業施設など、活用が広がっていくのではないでしょうか。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »