自宅を手軽にIoT化!スマホや声で家電を操作するリモコンをSB C&Sが発売

2019年1月29日

管理人のイエイリです。

家電製品にはテレビやエアコン、照明など、昔ながらの赤外線リモコンで操作できるものが多くあります。

それだけ、多くのリモコンが部屋にあふれ、探すのに苦労する場面も多々ありますね。

そこでSB C$S(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス)は、これらの赤外線リモコンを1つにまとめ、いろいろな家電を操作できるスマート家電リモコン「RS-WFIREX4」を1月25日に発売しました。

赤外線リモコンに対応したいろいろな家電を操作できるスマート家電リモコン「RS-WFIREX4」(以下の写真、資料:SB C&S)

赤外線リモコンに対応したいろいろな家電を操作できるスマート家電リモコン「RS-WFIREX4」(以下の写真、資料:SB C&S)

手のひらサイズで、重さ約16gの小さな箱ですが、これを室内に設置しておくと、いろいろな家電が

ナ、ナ、ナ、ナント、

スマホや声で操作

できるようになるのです。

スマート家電リモコン「RS-WFIREX4」の仕組み

スマート家電リモコン「RS-WFIREX4」の仕組み

スマートフォンが赤外線リモコンの代わりになる

スマートフォンが赤外線リモコンの代わりになる

部屋に設置したイメージ●

部屋に設置したイメージ

部屋に設置したイメージ

このリモコンは、Wi-Fiルーターと無線で接続されており、スマートフォンの画面で操作できるほか、Google HomeやAmazon Alexa搭載のスマートスピーカー、iPhoneのSiriショートカットによる音声操作もできる仕組みです。

スマートフォンが赤外線リモコンの代わりになるので、いろいろなリモコンを探す必要がなくなるので便利ですね。

また、家事でなどで手が汚れている場合などは、スマートスピーカーに「○○をつけて」とか「家電リモコンを使って○○して」などと話しかけると、ハンズフリーで家電を操作できます。

テレビやエアコン、シーリングライト、扇風機、レコーダーなどの350種類以上の家電のリモコンデータがプリセットしてあるほか、手元にある赤外線リモコンを使って「学習」させることも可能です。

今ある家電は、何もいじることなくそのまま使えるので、簡単に自宅をIoT(モノのインターネット)化することができるのが魅力ですね。

さらにこの製品には

温度・湿度・明暗センサー

も搭載されているので、スマホで部屋の空調状態をスマホで知ることもできます。

温度・湿度などをスマホで見ることも可能だ

温度・湿度などをスマホで見ることも可能だ

気になるお値段ですが、税込みで7560円(SoftBank SELECTION オンラインショップ販売価格)とリーズナブルです。

赤外線リモコンに対応していない家電は、赤外線やWi-Fiでオン/オフできるコンセント用のスイッチも市販されているので、スマート家電リモコンが1つあると、かなりのスマート化が実現できそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »