ドローンとAIで0.2mm幅のひびを発見!NSW、DJI、マイクロソフトが外壁点検に参入

2019年1月31日

管理人のイエイリです。

建物の外壁調査はこれまで、専門の技術者が目視や小さなハンマーによる打撃によって点検が行われてきました。

しかし、この分野もご多分にもれず、少子高齢化による人手不足が深刻なうえ、老朽化するインフラや建物が増えていくため点検のニーズはますます増えていくことが見込まれます。

そこで日本システムソフトウエア(以下、NSW)、DJI JAPAN(DJI)、日本マイクロソフト(マイクロソフト)の3社は、建物を安全に効率よく検査し、維持管理に役立てるため「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業することになりました。

その点検手段として選ばれたのは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

ドローンとAI

なのです。(NSWのプレスリリースはこちら

3社の連携イメージ(以下の資料、写真:NSW)

3社の連携イメージ(以下の資料、写真:NSW)

点検方法は、ドローン(無人機)で建物外周を撮影し、その写真をクラウドにアップして建物の3Dモデルを作成するとともにひび割れを検出し、3Dモデル上にクラックの位置をプロットするというものです。

3Dモデル上でクラックが表示されると、とてもわかりやすい資料になりそうですね。

このワークフローの中で、NSWは同社のAI(人工知能)ソリューションである「ToamiVisionシリーズ」の一つである「CrackVision(クラックビジョン)」を使って、ディープラーニングによるひび割れ判定用AIとクラウドシステムを構築します。

DJIは同社が2018年9月に開設したドローンのトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)で、基本的な飛行訓練や現場での作業手順、データ分析などの体系的な講習を行うほか、外壁調査用のドローン操縦者向けトレーニングカリキュラムを設ける予定です。

また、マイクロソフトは既にDJIと世界的な戦略的パートナーシップを結び、AIや機械学習の技術をドローンに活用する取り組みを行っています。

今回は日本における第一弾プロジェクトとしてNSWのAIエンジンを使って建物点検業務の実証実験を行い、そのクラウド基盤として「Microsoft Azure」を提供します。

既に始まっている実証実験では、ドローンで撮影した建物の全体画像から3Dモデルを作成したほか、一般的にひび割れの管理対象と言われる

0.2mm幅相当のひび割れ

を検出することに成功しました。

AIによって検出された0.2mm幅のひび割れ

AIによって検出された0.2mm幅のひび割れ

それにしても伝統的な建物外壁の調査事業に、ソフトウエア会社やドローン会社が連携して参入してくるとは、時代の流れを感じますね。

3社はサービスの正式リリースに向けて、専門家を交えた検証プロジェクトを開始しており、関心のある企業を募集しています。興味のある方は、NSWのプレスリリースの末尾にNSWの担当部署の連絡先が載っていますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »