3階建てビルを建設!サウジの建設会社が世界最大級の3Dプリンターを導入

2019年3月18日

管理人のイエイリです。

コンクリート系の材料を層状に積み重ねて実物の建物を造形する「3Dコンクリートプリンター」の技術は、ますます完成レベルに近づいているようです。

例えば、デンマークに本拠を置くCOBOD社は、2017年に同社の「BODプリンター」を使って、欧州で初めて3Dプリンターで実物のオフィスを建設しました。ここで「BOD」とは「ビルディング・オン・デマンド(Building on Demand)」の略です。

COBOD社のBODプリンターを使って建設された欧州初のオフィス(以下の写真、資料:Courtesy of COBOD)

COBOD社のBODプリンターを使って建設された欧州初のオフィス(以下の写真、資料:Courtesy of COBOD)

BODプリンターによる建物の建設工程

この経験を生かして、同社はその後、モジュラーを自由に組み立てて好きな大きさに作れる第2世代の3Dプリンター「BOD2」を開発しました。

モジュラー型3Dプリンター「BOD2」を構成する部材

モジュラー型3Dプリンター「BOD2」を構成する部材

普通なら制御システムや材料の配合などを「マル秘」扱いにするのではと思いきや、これらの多くは

ナ、ナ、ナ、ナント、

オープンソース化

されており、ノウハウや技術を共有できるようになっているのです。

縦6.9m×横12.2m×高さ6.6mまでのものを造形できる「BOD2-353型」。価格は30万ユーロ(約3800万円)

縦6.9m×横12.2m×高さ6.6mまでのものを造形できる「BOD2-353型」。価格は30万ユーロ(約3800万円)

縦6.9m×横12.2m×高さ6.6mまでのものを造形できる「BOD2-353型」。価格は30万ユーロ(約3800万円)

縦6.9m×横12.2m×高さ6.6mまでのものを造形できる「BOD2-353型」。価格は30万ユーロ(約3800万円)

縦9.5m×横19.8m×高さ6.6mまでのものを造形できる「BOD2-483型」。価格は41万6000ユーロ(約5300万円)

縦9.5m×横19.8m×高さ6.6mまでのものを造形できる「BOD2-483型」。価格は41万6000ユーロ(約5300万円)

そして、3Dプリンターを構成する部品や機器も、完成度の高さをうかがわせています。

例えば、造形材料にはモルタルだけでなく、直径12mmまでの粗骨材を含んだコンクリートを使えます。材料を吹き出すノズルの上には材料を一時的にためておく「ホッパー」が付いており、窓や壁の端部などで材料の吹き出しを自由に「オン/オフ」することができます。

そしてノズルの先端部は、樹脂系材料を使って、一般の3Dプリンターで作れるので、摩耗してきたら交換できます。

直径12mmまでの粗骨材を使って造形できるノズル部

直径12mmまでの粗骨材を使って造形できるノズル部

ノズルの先端部は樹脂系材料を使って一般の3Dプリンターで作り、摩耗してきたら交換できる

ノズルの先端部は樹脂系材料を使って一般の3Dプリンターで作り、摩耗してきたら交換できる

このほか、材料を供給する小型のミキサーポンプも用意されています。

また、3Dプリンターを制御するソフトは、英国のEscher3d社が開発したオープンソースを利用して、ウェブシステムとして作られています。

小型ミキサーポンプ

小型ミキサーポンプ

3Dプリンター「BOD 2」を制御するウェブシステムの画面

3Dプリンター「BOD 2」を制御するウェブシステムの画面

そして、2019年3月14日付の「3D Printing Media Network」の記事によると、縦12m×横27m×高さ9mのものを造形できる

世界最大級

の3DプリンターとなるBOD2が、同年5月末にサウジアラビアの建設会社(Elite for Construction & Development
Co.,)に納品されることになりました。

1階当たりの床面積が300m2で3階建てのビルを現場で丸ごと建設できるサイズです。

かなり大型の「BOD2プリンター」。サウジに納品されるものは、もっと大きくなりそうだ

かなり大型の「BOD2プリンター」。サウジに納品されるものは、もっと大きくなりそうだ

COBOD社のウェブサイトによると、3Dコンクリートプリンターには、ロボットアームを使ったタイプもありますが、門形クレーンタイプの「BOD2」はそれに比べるとローテクなので扱い方や造形用のデータ作成が簡単なうえ、広い範囲を造形できるなどのメリットを詳細に解説しています。

建設用の3Dプリンターの技術も、方式によるメリット/デメリットが比較される時代になりました。かなりこなれてきた感じですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »