ドローン10機が衝突せずに同時飛行!福島で運航管理システムを実証

2019年3月4日

管理人のイエイリです。

現場の空撮や測量でおなじみのドローン(無人機)を、災害調査や物の輸送、警備などに使おうという機運が高まっています。こうした用途では、もはやドローンを見ながら操縦することはできず、目視外で自動的に飛行させる必要があります。

そこでNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は民間企業とともに、ドローン同士が衝突せず、安全に飛行させるために、“ドローン界の管制官”の役割を担う「運航管理システム」の開発を進めています。

その実証実験が、2019年3月1日に福島県南相馬市にある「福島ロボットテストフィールド」で大々的に開催され、多くの報道陣が集まりました。

「福島ロボットテストフィールド」で行われた実証実験で記者会見するNEDOプロジェクト関係者(以下の写真:特記以外は家入龍太)

「福島ロボットテストフィールド」で行われた実証実験で記者会見するNEDOプロジェクト関係者(以下の写真:特記以外は家入龍太)

その実験とは、東京ドーム約12個分に相当する900m×600mの範囲で約15分間、

ナ、ナ、ナ、ナント、

ドローン10機を同時飛行

させて、安全性が確保できるかを確かめるものだったのです。(NEDOのプレスリリースはこちら

同時に飛行するドローン

同時に飛行するドローン

運航管理システムを監視するプロジェクト関係者

運航管理システムを監視するプロジェクト関係者

モニターには飛行中のドローンの位置が時々刻々と表示される

モニターには飛行中のドローンの位置が時々刻々と表示される

福島ロボットテストフィールド周辺の飛行計画図。郵便ドローンは敷地外の民家や郵便局まで飛行した(資料:NEDO)

福島ロボットテストフィールド周辺の飛行計画図。郵便ドローンは敷地外の民家や郵便局まで飛行した(資料:NEDO)

この日の実験では、NEDOの研究開発プロジェクトに参加しているNTTドコモが「災害調査ドローン」を2機、KDDIが「警備ドローン」を4機、楽天が「物流ドローン」を2機、そして日立製作所が「郵便ドローン」を2機飛行させました。

それぞれ離着陸時間はずらしてありますが、一時は全10機が同時に飛行している時間帯もありました。

また、ゼンリンと日本気象協会は地形や気象の「情報提供機能」、NECとNTTデータ、日立製作所はドローンの飛行計画の承認や飛行状況を提供する「運航管理統合機能」を提供しました。

各社の役割分担(資料:NEDO)

各社の役割分担(資料:NEDO)

それぞれのドローンは、役割に応じたミッションを遂行しました。例えば郵便ドローンは実際に「信書」を届け、物流ドローンはドローンポートに荷物を配達しました。

また、警備ドローンは敷地内を走る“不審者”を空中から追跡していました。

ドローンポートに届いた荷物を受け取るシーン

ドローンポートに届いた荷物を受け取るシーン

走って逃げる“不審者”のリアルな追跡シーン

走って逃げる“不審者”のリアルな追跡シーン

この研究開発は、2017年度から3年計画で行われているもので、1年目は個別技術の改良を行い、2年目となる今年度は技術の統合として、運航管理システムを実証成功までこぎ着けました。

そして3年目となる2019年度は、運航管理システムの

APIを順次、公開

していくそうです。

API(Application Programming Interface)とは、この運航管理システムと他の外部システムがリアルタイムにデータ交換を行えるようにする仕組みです。

この実験で不審者の追跡を行っていたのは、テラドローンの担当者ですが、テラドローンが独自に開発した運航管理システムを、NEDOの運航管理システムとAPIで接続し、連携させた運用を行っていました。

NEDOの運航管理システムのAPIを利用し、自社の運航管理システムと連携させて不審者を追跡したテラドローン関係者

NEDOの運航管理システムのAPIを利用し、自社の運航管理システムと連携させて不審者を追跡したテラドローン関係者

NEDOではAPIを積極的に公開し、他のシステムが容易に接続できるようにすることで、この運航管理システムを事実上の標準である「デファクトスタンダード」化するとともに、規格の標準である「デジュール・スタンダード」化の両面で、世界市場に普及させることを狙っています。

日本の技術開発はこれまで、目の前の顧客を囲い込むために他との互換性が乏しい「クローズド」なシステムになりがちでしたが、最初から広い互換性を目指した取り組みは、国際化の流れを感じていいですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »