3~5年で2倍の成長へ!グラフィソフトの新CEOに元ベントレー副社長が就任

2019年4月2日

管理人のイエイリです。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト、「ARCHICAD」の開発・販売で知られるハンガリーのグラフィソフト社のCEOは、10年前からビクター・バルコニー(Viktor
Varkonyi)氏が務めてきました。

人なつっこい笑顔で語りかける親しみやすいお人柄は、日本のユーザーもARCHICAD関連のイベントなどでおなじみでした。

グラフィソフト社のCEOを10年間務めたビクター・バルコニー氏。2018年9月4日、東京・丸の内で開催された「BIMカンファレンス2018」で(特記以外の写真:家入龍太)

グラフィソフト社のCEOを10年間務めたビクター・バルコニー氏。2018年9月4日、東京・丸の内で開催された「BIMカンファレンス2018」で(特記以外の写真:家入龍太)

2019年3月29日、グラフィソフト社はバルコニー氏の後任となる新たなCEOとして

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

ベントレー・システムズ副社長

 

だったヒュー・ロバーツ(Huw Roberts)氏を任命したことを発表したのです。(グラフィソフト社のプレスリリースはこちら

グラフィソフト社の次期CEOに任命されたヒュー・ロバーツ氏(資料:Graphisoft社のウェブサイトより)

グラフィソフト社の次期CEOに任命されたヒュー・ロバーツ氏(資料:Graphisoft社のウェブサイトより)

ベントレー・システムズ(Bentley Systems)社と言えば、BIMソフトの「MicroStation」を開発・販売する企業で、欧米では「Revit」のオートデスク社やグラフィソフト社と肩を並べる存在です。

ロバーツ氏は米国ペンシルベニア州のフィラデルフィア出身で、テンプル大学で建築学の学位を取得しました。グラフィソフト社は大きく戦略的に前進するために、ソフトウェア業界と建築の両方で30年のリーダーを務めてきたロバート氏の豊富な経験を評価し、CEOに任命しました。

MicroStationは、ものづくりに直結したエンジニアリング力に強いBIMソフトです。意匠設計に強いARCHICADに、MicroStation的な機能が強化されていくと、さらに強力なソフトに進化しそうですね。

ロバーツ氏は家族とともにハンガリーのブダペストに住まいを移し、グラフィソフト社の経営に取り組みます。

イエイリは過去に何度か、日本や海外の展示会・セミナーで、ロパーツ氏と会ったことがありますが、“明るい営業マン”という気さくな感じ人です。その親しみやすい人柄の裏には、強力なエネルギーやリーダーシップも感じました。

ベントレー・システムズ副社長時代のヒュー・ロバーツ氏。2013年6月に米国・デンバーで開催されたAIA全米大会のベントレー・システムズ社ブースで

ベントレー・システムズ副社長時代のヒュー・ロバーツ氏。2013年6月に米国・デンバーで開催されたAIA全米大会のベントレー・システムズ社ブースで

同じ会場にはグラフィソフトやオートデスクもブースを出展していた

同じ会場にはグラフィソフトやオートデスクもブースを出展していた

では、どれだけの成長をもくろんでいるかというと、日本法人のグラフィソフトジャパン代表取締役のコバーチ・ベンツェ氏が執筆するブログ「It’s BIM-time…!」の記事によると

 

3~5年で会社の規模を2倍

 

にするのが目標とのことです。

なお、前CEOのバルコニー氏は、グラフィソフト社を含むドイツのネメチェック(NEMETSCHEK)グループに新設された「Planning&Design」部門の責任者を務めます。

最近はロボットやAI(人工知能)がBIMと連携する例も増えてきました。今後のBIMソフトは、人間だけでなくマシンとも連携しながら、さらに進化していきそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »