思わぬミスも発見!3DモデルをVR化する「SYMMETRY」の実寸大効果

2019年5月21日

管理人のイエイリです。

建物や構造物の3次元モデルを、バーチャルリアリティー(VR)で実物大、立体視するためのソフトが進化してきました。

シンメトリー・ディメンジョンズ(SYMMETRY Dimensions。本社:米国デラウエア州)が開発・販売する「SYMMETRY」というソフトもその一つ。ワンクリックで3DモデルをVR用のデータに変換できます。

2019年5月20日にリリースした、「SYMMETRY製品版」のバージョン1.2では、複数の人がVR空間内に集まり、デザインなどを検討する機能が充実しました。

複数人がVR空間に集まり、デザイン検討などを行う機能が充実した「SYMMETRY製品版バージョン1.2」の画面イメージ(以下の資料:特記以外はSYMMETRY Dimensions)

複数人がVR空間に集まり、デザイン検討などを行う機能が充実した「SYMMETRY製品版バージョン1.2」の画面イメージ(以下の資料:特記以外はSYMMETRY Dimensions)

例えば、VR空間内の1カ所に全員が集まる「集合機能」や、リーダーについて歩く「追従機能」、VR空間内での「レーザーポインター機能」が追加されました。

VR空間内の1カ所に全員が集まる「集合機能」のイメージ

VR空間内の1カ所に全員が集まる「集合機能」のイメージ

リーダーについて歩く「追従機能」のイメージ

リーダーについて歩く「追従機能」のイメージ

そして、言葉が異なる人々の間でコミュニケーションしやすいように、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

翻訳機能も追加

 

されたのです。

VR空間内に音声メモで残した修正指示を、他の言語への翻訳することもできます。

翻訳機能の例。音声メモによる指示を日本語から英語に変換することができる

翻訳機能の例。音声メモによる指示を日本語から英語に変換することができる

このほか、SketchUp 2019へ対応や、視認性向上、ユーザーインターフェイスの改良などが行われました。

このソフトを体験し、「これは使える」と導入したのが、静岡県伊豆の国市に本社を置く正治組です。

同社では、1つのVRモデルに複数人が同時に入れる「オンライン・コラボレーション機能」を使って、現場の3Dモデルを事前に確認したり、VR空間内で打ち合わせをしたりすることで、“移動のムダ”を省いています。

VRゴーグルを付けて現場のイメージを共有している様子(以下の写真、資料:正治組)

VRゴーグルを付けて現場のイメージを共有している様子(以下の写真、資料:正治組)

先日、ある橋梁の橋台にアンカーを打って耐震補強を行う工事がありました。当初は、橋が建設された当時の2次元図面を見ながら工事を計画していました。

念のため、SYMMETRYを使って現場の点群データとSketchUpで作った橋の3Dモデルを重ね合わせて、実寸大で確認してみました。

SYMMETRYで点群データとSketchUpデータを重ね合わせ、現場シミュレーションを行った例

SYMMETRYで点群データとSketchUpデータを重ね合わせ、現場シミュレーションを行った例

当初は特に問題ないと思っていた現場でしたが、土砂崩れ防止のために打設する

 

矢板と橋台が干渉

 

していたことが発見されたのです。

橋台わきに打設する予定の矢板が、橋台と干渉することを未然に発見

橋台わきに打設する予定の矢板が、橋台と干渉することを未然に発見

もし、この干渉に気づいていなかったら、矢板の打設工事は途中でストップし、重機のレンタル費や人件費など、大きな損失が生まれるところでした。

上の図を見ると、ほんのちょっとだけ、矢板が橋台に食い込んでいるのがわかりますね。3Dモデルを実寸大でみることで、縮尺による“情報の省略”がなくなるので、こうした不具合も発見しやすいのでしょう。

SYMMETRYで見た重機配置シミュレーション

SYMMETRYで見た重機配置シミュレーション

実際の現場。狭い桁下空間に重機が計画通り入っている

実際の現場。狭い桁下空間に重機が計画通り入っている

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »