DRA-CADの図面をポケットに!iPhone、iPad用の無料アプリ「DRA Viewer」

2019年6月24日

管理人のイエイリです。

建築ピボットの3次元CADソフト「DRA-CAD」ユーザーに朗報です。

開発元の建築ピボットはこのほど、DRA-CADの図面を現場や出先で手軽に閲覧できるビューワーアプリ「DRA Viewer」を無料公開しました。

DRA-CADの図面を

ナ、ナ、ナ、ナント、

iPhoneやiPad

に入れて、現場や出張先などに持ち出し、手軽に見られるのです。(建築ピボットのApp Storeプレビューサイトはこちら

「DRA Viewer」の画面。iPhone用(左)とiPad用がある(以下の資料:建築ピボット)

「DRA Viewer」の画面。iPhone用(左)とiPad用がある(以下の資料:建築ピボット)

DRA ViewerはApp Storeから無料でダウンロードできる

DRA ViewerはApp Storeから無料でダウンロードできる

iOS 10.1以降のiPhoneやiPad、iPod touchに対応しており、DRA-CADの図面をストレスなく、サクサク表示させることができます。

使い方は、DRA-CADのメニューから「書き出し」→「XMLで保存」を選び、「MPXL形式」で保存します。

そのファイルをDropboxなどのクラウドフォルダーに保存し、DRA Viewerで開くだけです。

画面のズームや画面移動は、直感的なマルチタッチで簡単に操作できます。また、レイヤーごとに表示を変更したり、レイヤー名を見たりすることも可能です。

使い方のイメージ。DRA-CADでMPXLファイルの形式に保存した図面データをクラウドにアップし、DRA Viewerで開くだけ

使い方のイメージ。DRA-CADでMPXLファイルの形式に保存した図面データをクラウドにアップし、DRA Viewerで開くだけ

レイヤーごとに表示/非表示を切り替えられる

レイヤーごとに表示/非表示を切り替えられる

無料アプリですが、

ユーザー登録は不要

なので、自分だけでなく発注者やお施主さんなどにも、気軽に勧めて図面の情報共有ができます。

まだ、基本的な機能だけなのでレイアウトや3D要素は無視されるほか、塗り図形や画像は表示されないなどの機能制限もありますが、取りあえずDRA-CADの図面をiPhoneなどで手軽に見られるのは、ユーザーにとって「プチ働き方改革」につながりそうですね。

今後は図面上の計測機能やアイデア・コメントなどの注釈追加機能、さらにDRA-CADのネーティブファイルである「MPZ形式」や「MPS形式」への対応も行っていく予定です。

DRA-CADユーザーの方は、ぜひ、お試しくださいね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »