超小型ドローンをHMDで操縦!アイ・ロボティクスが煙突や管路の点検サービス

2019年6月27日

管理人のイエイリです。

建物の屋根裏や煙突、発電所、化学プラントの配管などの点検は、狭くて温度や酸素欠乏などの危険も多いため、人が入りにくい場合があります。

そこでアイ・ロボティクス(本社:東京都新宿区)は、リックス、日本ドローンレース協会(JDRA)、増田勝彦氏と共同で、こうした人が立ち入れない狭隘(きょうあい)部を点検するサービスを開始しました。

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

超小型ドローンを遠隔操作

 

して、こうした狭い部分を飛行し、内部の点検を行おうというのです。(アイ・ロボティクスのプレスリリースはこちら

点検対象の建物や管路など(画像:アイ・ロボティクス)

点検対象の建物や管路など(画像:アイ・ロボティクス)

使用するドローンは直径8~19cm、重量170g以下のドローン(無人機)です。もともとレースやホビー用に開発された小型で安全な機体を改造したものです。

サイズが小さいので航空法の適用を受けず、飛行申請が必要ありません。また、機体自体も安いので、複数の機体を使って低コストの運用が行えます。

操縦者はヘッドマウントディスプレー(HMD)などを装着して、自分が機体に乗り込んだようなイメージで操縦します。

世界屈指のマイクロ・ドローンパイロット兼映像技術者である増田勝彦氏が、ドローンの操縦技術をサポートし、機体の開発・展開などを担います。

増田氏はYouTubeの「オンナノコズ」という作品を公開し、話題になりました。マイクロドローンを使って校庭の桜の木の間を通り、校舎の窓から教室に侵入。

女子高生の腕の間をすり抜けたり、いすの間を通り抜けたりする映像です。構造物の点検イメージが伝わってくます。

YouTubeで公開されている「オンナノコズ」のワンシーン。教室の窓から校舎に侵入(以下の画像:「オンナノコズ」より)

YouTubeで公開されている「オンナノコズ」のワンシーン。教室の窓から校舎に侵入(以下の画像:「オンナノコズ」より)

女子高生の腕の間をするりと通過

女子高生の腕の間をするりと通過

廊下で話す二人の女子高生の間をすり抜ける

廊下で話す二人の女子高生の間をすり抜ける

ナント、いすの下も難なく通過した

ナント、いすの下も難なく通過した

これまで、空撮や測量などでドローンを飛ばしたことがある人は、狭いところを精密に飛行させるためにはいったい、どんな方法で操縦しているのが気になりますね。

パイロットは、

 

ヘッドマウントディスプレー

 

などを装着し、機体に乗り込んだイメージで操縦するとのことです。

この点検は、基本的にサービスとして提供されますが、アイ・ロボティクスが実施する「実運用検定試験」に合格し、システムに使われている「業務用無線資格」を取得することで、ドローン運用事業者でもサービスを行うことができます。

アイ・ロボティクスでは、マイクロドローンを利用したデモンストレーションを2019年7月29日に東京で開催するほか、8月以降に大阪、名古屋、福岡でも開催予定です。(詳しくは、アイ・ロボティクスのウェブサイトを参照)

建設分野で使われるドローンとして、航空法の規制にかからない超小型のドローンは、狭い部分の点検という新たな分野での活用が注目されそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »