パノラマ写真を3Dモデル化!工事現場や歴史的建物をバーチャルツアーに

2019年6月4日

管理人のイエイリです。

360度パノラマ写真は、工事の前の下見記録や工事中の施工管理などに欠かせないツールになりつつあります。

パノラマ写真撮影のプロフェッショナルであるカサノバエンタープライズ(本社:埼玉県川越市)は、パノラマ写真を

ナ、ナ、ナ、ナント、

3Dモデル化

することにより、より臨場感のあるバーチャルツアーを作成するサービス「PanoWeave(パノウィーブ)」を2019年5月に始めたのです。(カサノバエンタープライズのプレスリリースはこちら

屋内を撮影したパノラマ写真の例(以下の写真、資料:カサノバエンタープライズ)

屋内を撮影したパノラマ写真の例(以下の写真、資料:カサノバエンタープライズ)

パノラマ写真から作成した3Dモデル

パノラマ写真から作成した3Dモデル

パノラマ写真を並べて、部屋から部屋へと移動するバーチャルツアーに比べて、3Dモデルとパノラマ写真が連携したこのサービスは、コマ間の移動もスムーズです。

さらに、移動や回転などのナビゲーションも行えるので、建物全体を俯瞰(ふかん)したり、“オルソ画像”的な平面図を見たりすることも可能です。

移動や回転などのナビゲーションも可能

移動や回転などのナビゲーションも可能

屋外の階段をナビゲーションした例

屋外の階段をナビゲーションした例

建物全体の床面を平面図的に見た例

建物全体の床面を平面図的に見た例

バーチャルツアーのデータは、WEBサイトに埋め込んだり、スマートフォンやタブレットなどで見たりすることもできるので、工事現場では進ちょく管理の記録などを工事関係者とデータ共有するのに便利そうですね。

また、歴史的建物などを、手軽に

デジタルアーカイブ

するツールとしても使えそうです。

同社のウェブサイトには、様々な店舗や文化財などのバーチャルツアー例が掲載されていますので、ご興味のある方はどうぞ。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »