Japanese flagKorean flagChinese (Simplified) flagEnglish flag

HoloLensでお宝探し!徳山商工高校の女子生徒らがi-Construction技術を体験

2019年7月29日

管理人のイエイリです。

多くの学校が夏休みを迎えた2019年7月27日の土曜日、山口県周南市のあるホテルの一室に、約60人の高校生が集まっていました。彼らは山口県立徳山商工高校の環境システム科環境土木コースで学ぶ1年生から3年生までの生徒さんです。

山口県周南市のあるホテルの一室で行われた課外授業(以下の写真:家入龍太)

山口県周南市のあるホテルの一室で行われた課外授業(以下の写真:家入龍太)

この日、行われた“課外授業”は、V-COMON(本社:横浜市中区)が主催し、テクノプロ・コンストラクション(本社:東京都港区)が協賛して行った「最先端建設技術 未来の働き方セミナー」です。

授業の中で最も盛り上がったのは、国土交通省が推進する「i-Construction」関連技術を体験する実習でした。

その題材に選ばれたのは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

MRゴーグル「HoloLens」

という、i-Construction界でも最新の機器だったのです。

HoloLensを着けて、目の前に広がる橋桁内部のリアルな空間に思わず驚く男子生徒

HoloLensを着けて、目の前に広がる橋桁内部のリアルな空間に思わず驚く男子生徒

5分の1スケールの橋桁内を見ながら歩く女子生徒

5分の1スケールの橋桁内を見ながら歩く女子生徒

橋桁内に隠されている宝箱

橋桁内に隠されている宝箱

この体験を企画したのは、橋梁分野で3Dモデリングソフトの開発やVR(バーチャルリアリティー)コンテンツの作成などを手がけるオフィスケイワン(本社:大阪市西区)です。

同社のスタッフにHoloLensを着けてもらった生徒は、会場の前に設けられたスペースをあちこち眺めながら歩き回ります。

HoloLensには、5分の1スケールで作られた鋼橋の橋桁がインプットされています。その中には3個の“宝箱”が隠されており、それを見つけるのです。

まずはスタート地点に1個、プロジェクターが置かれた場所の近くにもう1個、その近くにまた1個と、1人2分の制限時間内に次々と見つけていきました。

さすがに、子どものころから3DやVRのゲームに慣れ親しんだ徳山商工の生徒さんは、飲み込みが早いですね。

HoloLensを着けてもらう女子生徒

HoloLensを着けてもらう女子生徒

順番を待つ生徒たち。女子比率は4割と高いです

順番を待つ生徒たち。女子比率は4割と高いです

実習を行ったオフィスケイワンの保田敬一代表取締役(左)と臼井政人氏(右)

実習を行ったオフィスケイワンの保田敬一代表取締役(左)と臼井政人氏(右)

この日のミッションは、3個の宝箱の底に書かれた言葉を報告するというものでした。その答えは

徳・山・商工

というものでした。もちろん、全員が正解です。

宝箱の底をのぞき込む生徒(左)。宝箱の底には「山」と書かれていた

宝箱の底をのぞき込む生徒(左)。宝箱の底には「山」と書かれていた

全部で3時間半にわたる長丁場の授業でしたが、“放課後”も熱心な生徒さんが何人も残り、空中で2本の指を閉じるHoloLens独特のクリック操作をマスターするなど、さらに実習を深めていました。

HoloLens独特のクリック操作をマスターする熱心な女子生徒

HoloLens独特のクリック操作をマスターする熱心な女子生徒

HoloLensの画面に現れる設定画面のメニューを選んだり、数字を変えたりしていた

HoloLensの画面に現れる設定画面のメニューを選んだり、数字を変えたりしていた

この課外授業は昨年に続き、2回目となります。徳山商工高校環境システム科 環境土木コースのコース長である松井幸司先生と、V-COMONの嶋内敏博代表取締役CEOのタイアップで実現しました。

イエイリも建設ITジャーナリストとして「AIとロボットの活用が建設技術者の働き方を変える」と題して講演させていただきました。

徳山商工高校環境システム科 環境土木コース コース長 松井幸司先生
徳山商工高校環境システム科 環境土木コース コース長 松井幸司先生
V-COMON代表取締役 CEO 嶋内敏博氏
V-COMON代表取締役 CEO 嶋内敏博氏
講演中のイエイリ(写真:松井幸司先生)
講演中のイエイリ(写真:松井幸司先生)

建設業界でも最先端の部類に入るHoloLensを、高校時代に使ってみたという原体験が、今後、建設業界に就職した彼ら、彼女らにどのような影響を与えるのか、大いに楽しみですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事