VRで無人化施工!建機から360度映像、傾き・振動、音を“実況中継”

2019年11月25日

管理人のイエイリです。

1991年に発生した雲仙・普賢岳の大火砕流の復旧工事以来、無人化施工技術は進化してきました。

このほど、熊谷組と東京工業高等専門学校は、「無人化施工VR技術」を共同開発したことを発表しました。

「無人化施工VR技術」のイメージ(以下の資料、写真:熊谷組)

「無人化施工VR技術」のイメージ(以下の資料、写真:熊谷組)

「無人化施工VR技術」を導入した不整地運搬車

「無人化施工VR技術」を導入した不整地運搬車

建機を遠隔操作するオペレーターに

ナ、ナ、ナ、ナント、

360度映像や傾き、振動

そして音までもリアルに“実況中継”してくれるのです。(熊谷組のプレスリリースはこちら

傾きや振動をリアルに再現する3軸モーションプレートが付いた遠隔操縦装置

傾きや振動をリアルに再現する3軸モーションプレートが付いた遠隔操縦装置

「無人化施工VR技術」のシステム構成

「無人化施工VR技術」のシステム構成

現場最前線の建機のコックピット内には360°カメラや加速度センサーが搭載されており、映像や音、傾き・振動のデータをリアルタイムに送り出します。

一方、遠隔操作室にいるオペレーターの椅子には、建機の傾きや振動を再現する3軸モーションプレートが付いており、地盤の傾きや硬さが直感的にわかるようになっています。

建機の運転席に取り付けられた360°カメラ

建機の運転席に取り付けられた360°カメラ

また、360°映像は

ヘッドマウントディスプレー

によって、オペレーターに伝えられます。

ヘッドマウントディスプレーを装着した遠隔操作室のオペレーター

ヘッドマウントディスプレーを装着した遠隔操作室のオペレーター

オペレーターは気になる方向を向くだけで、運転席からの上下・左右の映像や真後ろの状況も確認できるわけですね。

この技術は、熊谷組の「ネットワーク対応型無人化施工システム」と、東京工業高専が開発したスポーツ観戦システム「シンクロアスリート」のコラボレーションにより開発されました。

茨城県つくば市内にある熊谷組技術研究所内の屋外実験ヤードで検証実験を行った結果、有効性が確認されたとのことです。

来年、高速・大容量、低遅延、多接続を強みとする「5G(第5世代移動通信システム)」のサービスが開始されると、どこからでも建機の遠隔操縦ができるようになりそうですね。

建機オペレーターも遠隔地の現場に“バーチャル出張”することが可能になり、「働き方改革」にもつながりそうです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »