途中で着陸側パイロットと交代!電線工事用のパワフルなドローンが登場

2019年12月13日

管理人のイエイリです。

遠く離れた鉄塔の間に電線を張る工事は、太さ数ミリの細いロープを張るところから始まります。その後、細いロープにやや太いロープをつないで引っ張り、ということを繰り返して最後は電線が架設されるという手順です。

農業分野のドローンメーカー、マゼックス(本社:大阪府東大阪市)は、この最も難関である最初の1本をかけ渡すケーブル架設用のドローン(無人機)「延助(のびすけ)III」を開発し、このほど発売しました。

ケーブル架設用のドローン「延助III」(以下の写真、資料:マゼックス)

ケーブル架設用のドローン「延助III」(以下の写真、資料:マゼックス)

ロープを引っ張り、所定の位置に投下する「切り離し装置」

ロープを引っ張り、所定の位置に投下する「切り離し装置」

ドローン本体は980×980×572mm、重量10.7kgと堂々としたもので、ロープを引っ張り、所定の位置に投下する「切り離し装置」が付いています。

細いロープといえども重さは100mで1.5kgほどあり、空中では風も吹くので、数百メートルの距離にロープをかけ渡すためにはロープ重量の約3倍もの力が必要とのことです。

そこで、このドローンは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

150Nの引っ張り力

 

でロープをけん引するパワーを持っているのです。重量に換算すると15kgになります。(延助IIの紹介ページはこちら

150N(15kg)という強力な引っ張り力を持っている

150N(15kg)という強力な引っ張り力を持っている

最大で16kgの推進力を発揮する強力なモーター。プロペラはウルトラカーボン製で長さ33インチ(約840mm)

最大で16kgの推進力を発揮する強力なモーター。プロペラはウルトラカーボン製で長さ33インチ(約840mm)

パワーはいいとして、ケーブル工事にはもう一つの難関があります。それはドローンが離陸する地点から到着する地点までの間に樹木や山があり、見通せないことです。

また、到着地点ではロープが木に引っかからないように、木の間をうまく通す必要もあります。

ロープ架設作業のイメージ。A点とB点、B点とC点の間は、樹木などで見通せないことが多い

ロープ架設作業のイメージ。A点とB点、B点とC点の間は、樹木などで見通せないことが多い

そこで、このドローンは離陸地点と着陸地点に、

 

2人のパイロットを配置

 

し、途中で操縦を交代する国内初の「2オペレーション仕様」になっているのです。

離陸側と着陸側にそれぞれパイロットを配置し、途中で操縦を交代できる

離陸側と着陸側にそれぞれパイロットを配置し、途中で操縦を交代できる

そのため、ドローンが離陸して着陸地点から見えるようになると、着陸地点側のパイロットが操縦権を引き継ぎ、ドローンを安全に誘導し、狙った場所に着陸させることができます。

気になるお値段ですが、機体と送信機2台で148万円(税別)と意外にリーズナブルです。このほか、バッテリーと充電器(16万8000円)が別途必要になります。

プロペラを折りたたむと、かなりコンパクトになる

プロペラを折りたたむと、かなりコンパクトになる

このドローンを使って、450mの距離に4本のロープをわたす作業を行ったところ、人員配置や移動に合計1時間、実際の飛行に合計30分、全作業を90分で完了することができました。従来は2日間の作業が必要だったとのことです。

ケーブル工事には、かなりの生産性向上効果がありそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »