橋のワンスパンを丸ごと造形!オランダの3Dプリンターが驚異の進化

2019年12月5日

管理人のイエイリです。

3Dプリンターでコンクリート構造物を造る技術が、世界中で急速な進化を遂げています。

特にオランダは、政府がこの技術を支援していることもあり、有力な企業が続々と誕生しています。

同国のエンスヘデーにあるトゥエンテ・アディティブ・マニファクチャリング(Twente Additive Manufacturing B.V.。以下、トゥエンテAM)は、2019年11月にドバイで開催された建設イベント「ザ・ビッグ5」で、画期的な3Dプリンターをお披露目しました。

トゥエンテAMが開発した3Dプリンター(Photos: Courtesy of Twente Additive Manufacturing B.V.)

トゥエンテAMが開発した3Dプリンター(Photos: Courtesy of Twente Additive Manufacturing B.V.)

ナ、ナ、ナ、ナント、

橋のワンスパンを丸ごと

造形できるのです。(トゥエンテAMのニュースリリースはこちら

20191205-image02

20191205-image03

橋のワンスパンを丸ごと造形する過程

橋のワンスパンを丸ごと造形する過程

この3Dプリンターは、上下するレール上を移動するロボットアームの先端にノズルを付けた構造になっており、8m×5m×5mの大きさの構造物を造形できます。

水平、回転と可動部分が非常に多く、一説では「9軸」とも言われています。

通常の3Dプリンターは同じ高さの断面に、少しずつ材料を水平に積み上げて造形していきますが、この3Dプリンターは

斜め上方向に造形

していけるのです。

トゥエンテAMはLinkedInの投稿で、造形過程の動画を公開していますので、興味のある方はご覧ください。

また、同社のYouTubeチャンネルでは、ローマの水道橋のように、高い橋脚を持つ橋も一気に造形している動画が見られます。

ローマの水道橋のように、もっと高い橋脚を持つ橋も一気に造形できる

ローマの水道橋のように、もっと高い橋脚を持つ橋も一気に造形できる

造形された橋の内部は、空洞になっています。これを「打ち込み型枠」として利用し、鉄筋をプレハブ化して挿入し、普通のコンクリートを打設すれば、ちゃんと荷重を支えられる橋になりそうです。

または、大林組が開発した「スリムクリート」のように、引っ張り強度や曲げ強度を持つコンクリートを打設すれば、鉄筋不要でスピーディーな施工ができそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »