業務でも使える!兵庫県が1mメッシュの高精細点群データを無料公開

2020年1月14日

管理人のイエイリです。

まちづくりや防災、土木・建築のプロジェクトを行う際、建設予定地の詳細な地形が3Dデータとして入手できると大変、便利ですね。

こうした目的には、国土地理院が公開している5mメッシュの数値地図や、AW3D標準版地形データの2.5m解像度版などがありました。

ところがこのほど、兵庫県は

ナ、ナ、ナ、ナント、

1mメッシュの点群データ

を、兵庫県全域について無料公開したのです。

 

兵庫県全域をカバーする1mメッシュの点群データが公開されているG空間情報センターのウェブサイト

兵庫県全域をカバーする1mメッシュの点群データが公開されているG空間情報センターのウェブサイト

 

この“お宝データ”が公開されているのは、G空間情報センターのウェブサイトにある「兵庫県_全域数値地形図_ポータル(2010年度~2018年度) 」というページです。

公開されているデータは3種類あり、(1)CS立体図/位置・標高情報付き画像データ、(2)DSM(地表面と建物、植生等を含む数値表層モデル)、(3)DEM(建物、植生等を除去した地表面の数値標高モデル)からなります。

これらのデータは、兵庫県と国土交通省近畿地方整備局六甲砂防事務所の1m航空レーザー測量データによって作成されたものです。

いったい、どんなデータなのでしょうか。1mメッシュで兵庫県全域となるとデータが大きすぎて、丸ごとダウンロードは難しそうです。

そこで兵庫県全域を約800個の「図郭」に分割し、それぞれ「05LE23」「05LE24」などの記号を付けて整理しています。

緑の線が「図郭」となり、イエイリが数えたところ827個あった(以下の資料:特記以外は兵庫県)●

緑の線が「図郭」となり、イエイリが数えたところ827個あった(以下の資料:特記以外は兵庫県)●

神戸港付近を拡大したところ。各図郭はさらに4分割されていることがわかる

神戸港付近を拡大したところ。各図郭はさらに4分割されていることがわかる

それぞれの図郭の中は、さらに4分割されており、それぞれの点群データに分かれています。例えば、西宮港付近と思われる「05O71」の図郭を一覧表からクリックすると、次のような画面が現れます。

この画面上にある「ダウンロード」というボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

西宮港付近と思われる図郭の情報

西宮港付近と思われる図郭の情報

ダウンロードされた圧縮フォルダーの中には、4つの点群データがテキスト形式で格納されており、それぞれのファイルサイズは40MB~80MB程度でした。

そのうちの1つのデータをテキストエディターで開いてみると、3つの数字が延々と並んだデータになっていました。

ダウンロードした圧縮フォルダーの中身

ダウンロードした圧縮フォルダーの中身

テキストエディターで点群データを開いたところ

テキストエディターで点群データを開いたところ

で、この貴重な点群データはどのように使えるのかというと、「兵庫県オープンデータ利用規約」に従って、基本的に自由に使えます。

この利用規約は、著作権の「クリエイティブコモンズ 4.0」の規定に準拠しており、複製や再配布のほか、

営利目的も含めて

活用することができるのです。

クリエイティブコモンズ 4.0のライセンス要約(資料:creative commons)

クリエイティブコモンズ 4.0のライセンス要約(資料:creative commons)

本当は点群ビューワーで開いてみたいところですが、時間の関係で今日はできませんでした。

点群ビューワーをお持ちの方は、ぜひ一度、データをダウンロードしてその精度を確認してみてはいかがでしょうか。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »