BIMデータで情報拡散!野原産業の間接照明ユニットが世界で大好評

2020年3月3日

管理人のイエイリです。

建物の内部に、柔らかなムードを醸し出すのに間接照明は効果的です。しかし、照明器具を収納する部分の造作を内装工事で行うのは、高精度の納まりや器具の取り付けなどに熟練の技術が必要なので、人手不足の建設業では大変な作業です。

間接照明の例。これまでは天井の造作に手間ひまがかかっていた(以下の写真、資料:野原ホールディングス)

間接照明の例。これまでは天井の造作に手間ひまがかかっていた(以下の写真、資料:野原ホールディングス)

そこで野原産業は、この作業をカンタンに行えるようにするため、間接照明ユニット「N-PITA(エヌピタ)」を2019年10月に発売しました。

野原産業が開発した間接照明ユニット「N-PITA」

野原産業が開発した間接照明ユニット「N-PITA」

一見、日本ならではのローカル建材ですが、この製品のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データを2020年1月22日に、世界的に展開するBIMオブジェクトサイト「BIMobject」に掲載したところ、約1カ月後の2月20日には、

ナ、ナ、ナ、ナント、

93カ国で765件

ものダウンロードされたのです。(野原ホールディングスのプレスリリースはこちら

掲載後、24時間で早くも世界で80ダウンロードもされたそうですから、BIMobjectの新製品情報拡散力はスゴイですね。

世界でのダウンロード分布。南米やアフリカなどを含め全世界でダウンロードされていることがわかる

世界でのダウンロード分布。南米やアフリカなどを含め全世界でダウンロードされていることがわかる

BIMobjectに掲載された「N-PITA」

BIMobjectに掲載された「N-PITA」

BIMobjectとは、世界の建設資材や設備などのメーカー製品のBIMコンテンツを掲載した世界最大のプラットフォームです。

建築家や設計者、技術者など世界の登録会員数は170万人にも上ります。

世界最大のBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobject」

世界最大のBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobject」

N-PITAはもともと、国内市場向けに開発された製品でしたが、今回の世界的な反応の良さを見ると

海外進出の可能性

も広がってきます。

BIMobjectのログ解析機能を使えば、BIMデータがいつ、どの地域で閲覧され、ダウンロードされたのかがわかりますので、BIMデータを使ったリアルタイムなマーケティング調査も行えるわけですね。

ログ解析データを使ったマーケティング調査も可能に

ログ解析データを使ったマーケティング調査も可能に

特にダウンロードが多い地域をさらに分析することも可能

特にダウンロードが多い地域をさらに分析することも可能

公開された資料を見ると、意外にも南米のブラジルでダウンロードが多いようです。ブラジルには日本からの移民もおおいので、ひょっとすると日本の建材や設備との相性もいいのかもしれませんね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »