ドローンとAIで渓流調査!オリコンらが自然石の計測や分布記録を自動化

2020年3月13日

管理人のイエイリです。

大小様々な石(石礫(せきれき))がころがる自然の渓流も、砂防という観点から石の大きさを測るなどの調査が欠かせません。

ただ、相手が自然の石なので、石をバランスよく選んだり、計測したりという作業は、人力に頼っており、熟練も要します。そのため、迫り来る人手不足時代に、これまでの方法を続けていくのは難しくなってきました。

自然の石が転がる渓流のイメージ(以下の写真、資料:オリエンタルコンサルタンツ、スカイマティクス)

自然の石が転がる渓流のイメージ(以下の写真、資料:オリエンタルコンサルタンツ、スカイマティクス)

人力による計測作業のイメージ

人力による計測作業のイメージ

そこで、オリエンタルコンサルタンツ(本社:東京都渋谷区)とスカイマティクス(本社:東京都中央区)は、渓流調査を大幅に自動化するAI礫判読システム「グラッチェ」を共同開発し、2020年3月9日に一般提供を始めました。

ドローンから渓流を空撮した連続写真をクラウドにアップするだけで、

ナ、ナ、ナ、ナント、

AIが石を自動的に発見

し、大きさを自動計測してくれるのです。(スカイマティクスのシステム紹介ページはこちら

まずはドローンで渓流を空撮する

まずはドローンで渓流を空撮する

渓流を空撮した写真をクラウドにアップする

渓流を空撮した写真をクラウドにアップする

するとAI(人工知能)石を自動的に発見し、大きさを自動計測する

するとAI(人工知能)石を自動的に発見し、大きさを自動計測する

様々な大きさの石の分布を自動抽出したもの

様々な大きさの石の分布を自動抽出したもの

渓流の「石礫調査」で手間がかかることの1つに、石の大きさの“粒径分布”を調べる作業があります。

石をランダムに選んで径を測り、小さい順から径と個数を積み上げてグラフを作るのですが、広範囲に散らばる石を1つ1つ測っていくのは大変な作業です。

この面倒な作業も、このシステムによって自動化することができます。

自動作成された粒度分布グラフ

自動作成された粒度分布グラフ

このほか、通常のドローン測量機能も備えており、

オルソ画像や点群データ

も自動的に作成してくれるのです。

自動作成されたオルソ画像(各部を垂直に見下ろした画像)

自動作成されたオルソ画像(各部を垂直に見下ろした画像)

3Dの点群データも自動作成してくれる

3Dの点群データも自動作成してくれる

点群データから作成した河川断面図

点群データから作成した河川断面図

このシステムによって、これまで現場作業で30時間、資料のとりまとめで10時間の計40時間かかっていた作業が、現場作業で10時間、資料のとりまとめで2時間の計12時間と、大幅に短縮されます。

気になるお値段ですが、基本契約が12万円(税別。クラウドストレージ200GB付き)で、従量課金プランとして石礫判読ありの場合が月額60万円(利用回数2回、1回の写真処理2000枚まで)となっています。

人間にしかできないと思われていた作業も、AIの発展によってだんだんと自動化できるようになってきましたね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »