BIM/CIMモデルをMR化!「mixpace」がHoloLens2やiPadに対応

2020年3月10日

管理人のイエイリです。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の3Dモデルは、パソコンの画面上で見るだけでは大きさのイメージがなかなかつかめません。

そこで現実の空間の中にBIM/CIMモデルを実寸大で表示し、立体視できるのがMR(拡張現実)システムです。

SB C&S(本社:東京都港区)とホロラボ(本社:東京都品川区)は、3次元CADやBIM/CIMソフトで作成した3Dモデルを、MR用のデータに自動変換するクラウドサービス「mixpace」を開発してきましたが、2020年3月2日に、

ナ、ナ、ナ、ナント、

HoloLens2やiPad

に対応した新バージョンのサービスを開始したのです。(SB C&Sとホロラボのプレスリリースはこちら

HoloLens2で設備BIMモデルを現場で見るイメージ(特記以外の資料:SB C&S、ホロラボ)

HoloLens2で設備BIMモデルを現場で見るイメージ(特記以外の資料:SB C&S、ホロラボ)

HoloLens2は、Windows10で動作するゴーグル型のMR専用パソコンです。初代のHoloLensに比べて視野角が上下左右に2倍ずつ広がったため、目の前にはより大きな3Dモデルが表示されるようになりました。

また、直感的な操作方法の採用で、現実空間と3Dモデルの位置合わせが容易になりました。

HoloLensを使って室内でバーチャルな建物を見たり、ドローンを飛ばしたりすることもできるようだ

HoloLensを使って室内でバーチャルな建物を見たり、ドローンを飛ばしたりすることもできるようだ

iPadにも対応しているので、HoloLens2と併用して多くの人がMRで同じモデルを見ながら検討できる(写真:家入龍太)

iPadにも対応しているので、HoloLens2と併用して多くの人がMRで同じモデルを見ながら検討できる(写真:家入龍太)

BIM/CIMモデルをMR用に変換するのは、かなり面倒ですが、「mixpace」は手元のBIM/CIMモデルをクラウドにアップするだけです。

すると数分後に、MR用のデータに変換されるのでHoloLens2などにダウンロードすれば、すぐにMRで見られるという簡単さが売り物です。

3Dモデルのデータ形式は、RevitやIFCなどのほか、DWGやDXF、FBXなど、一般に使われている3Dモデルの形式にはほとんど対応しています。

83社のテストユーザーがそれぞれの3DモデルやBIMモデルをMRに変換した結果、合計371件の平均変換時間は3分26秒でした。以前に比べるとかなりスピードアップしたようです。

また、以前はHoloLensのデータ容量に制約があったため、大きなBIM/CIMモデルは扱えませんでしたが、今回、オートデスクが公開した

サンプルBIMモデル

をMR化し、iPadで見られたということが、ホロラボCEOの中村薫氏がツイッターで報告しています。

オートデスクが公開したサンプルBIMモデルをMRに変換し、iPadで見たところ(資料:中村薫氏のツイッターより)

オートデスクが公開したサンプルBIMモデルをMRに変換し、iPadで見たところ(資料:中村薫氏のツイッターより)

構造BIMモデルをiPadで見たところ(資料:中村薫氏のツイッターより)

構造BIMモデルをiPadで見たところ(資料:中村薫氏のツイッターより)

無数の部材からなる設備BIMモデルもこの通り(資料:中村薫氏のツイッターより)

無数の部材からなる設備BIMモデルもこの通り(資料:中村薫氏のツイッターより)

オートデスクのサンプルBIMモデルは、Revitで作られており、意匠、構造、設備を含む“フルBIMモデル”で、合計約300MBほどの容量があります。

このサンプルBIMモデルのおかげで、かなり大きなBIM/CIMモデルでも、MRで見られるようになったことがわかりました。これからの施工計画や施工管理に、現場でのMR活用が増えていきそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »