3眼カメラで3D配筋検査!清水建設とシャープが7秒で径、間隔、本数を計測

2020年3月30日

管理人のイエイリです。

鉄筋コンクリート構造物の施工現場で、鉄筋が設計通りに配筋されていることを確認する配筋検査は、非常に重要です。

そして準備から検査、報告書作成までは非常に多くの時間と労力が必要なので、建設会社にとっては悩みのタネでした。

そこで清水建設とシャープは、この作業を省力化する配筋検査システムを開発しました。

配筋が終わった現場を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

3眼カメラで撮影

して鉄筋を3Dデータ化し、鉄筋の径や配筋間隔、本数を高精度に計測してくれるのです。(シャープのプレスリリースはこちら

清水建設とシャープが開発した「3眼カメラ配筋検査システム」の使用イメージ(以下の写真、資料:シャープ)

清水建設とシャープが開発した「3眼カメラ配筋検査システム」の使用イメージ(以下の写真、資料:シャープ)

上の写真を拡大したところ。確かに3つの眼があるようだ

上の写真を拡大したところ。確かに3つの眼があるようだ

3つのカメラで鉄筋の配置状況を3方向から撮影して、奥行きを含めた鉄筋の3次元データを取得します。

その3次元撮影データを、シャープ独自の画像解析アルゴリズムで抽出・分析することにより、検査結果を表示します。

なお、このアルゴリズムは、シャープの8K映像処理技術を使って各社とコラボレーションする「8K+5Gエコシステム」の関連技術を発展させたものです。

検査結果の表示までの時間は、

わずか7秒程度

しかかからないのです。この時間は、検査対象範囲によって変化するとのことです。

さらにその結果を、検査帳票として使用できるデータに変換して報告書を簡単に作ったり、通信回線を介して遠く離れた場所にいる人とデータを共有したりすることもできます。

配筋検査はこれまで、複数の作業者がスケールで鉄筋を計測して、必要事項を記入した小黒板や検尺ロッドなどを配置して、“証明写真”を撮るという手順で行っていたので準備から撮影完了まで、多くの人工(にんく)が架かっていました。

一方、今回、開発されたシステムを使うと、1人の作業者がカメラで撮影するだけで、計測と証明写真の撮影が完了するので、大幅に省人化、省力化されます。また、複数の撮影画像が自動合成されるため、短時間で広範囲の検査を行うことができます。

「3眼カメラ配筋検査システム」で配筋検査は大幅に省人化、省力化される

「3眼カメラ配筋検査システム」で配筋検査は大幅に省人化、省力化される

最近、配筋検査を省力化するシステムの開発が、各社で活発に行われています。

例えば、スーパーゼネコンでは、ステレオカメラで鉄筋を3D化した鹿島BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)とタブレットを使った大成建設BIM、点群、ARを使った大林組があり、竹中工務店もBIMを使ったRC一貫生産支援システムを開発しています。

また、先日は中堅ゼネコン20社が結集し、AIによる3D配筋検査システムを共同開発するというニュースも注目を集めました。

このほか3Dスキャンカメラを使った三井住友建設MR(複合現実)デバイスHoloLensを使ったIHIインフラコンソーシアムタブレットを使った東急建設など、枚挙にいとまがありません。

これほど建設各社がしのぎを削っている分野も珍しいですね。配筋検査の効率化が、生産性向上の切り札となることを物語っていると言えそうです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »