デジタルツインでビルを丸ごと制御!日建設計らが“常に最新”のクラウドを開発

2020年4月9日

管理人のイエイリです。

ビル管理のためのセンサーと言えば、温度や湿度、ガス、人間の存在など、様々な対象物を感知するものがあります。

これまでは空調や防犯などの目的別に、個別の監視・制御システムが設置されてきました。

しかし、最近は1台で温度や湿度、加速度、地磁気、カメラなど様々なものを計測し、ネットワークに接続できる「多用途センサー」というものが開発されてきました。

そこで日建設計協和エクシオWHERE(東京都千代田区)、オムロン神田通信機(本社:東京都千代田区)は、多用途センサーをビル全体に密に配置し、空調や照明から、防犯、防災、さらには日射遮蔽(しゃへい)、映像音響まで、ビル空間にかかわることを

ナ、ナ、ナ、ナント、

全体最適化

を図るシステムを共同開発したのです。(協和エクシオのプレスリリースはこちら

 

従来は用途ごとにセンサーを設置し、連携のないシステムが設置されてきた(左)が、今回は多用途センサーをネットでつなぎ、1つのセンサーで空調、照明、防犯などの全体最適化を図る(以下の資料:日建設計、協和エクシオ、WHERE、オムロン、神田通信機)

従来は用途ごとにセンサーを設置し、連携のないシステムが設置されてきた(左)が、今回は多用途センサーをネットでつなぎ、1つのセンサーで空調、照明、防犯などの全体最適化を図る(以下の資料:日建設計、協和エクシオ、WHERE、オムロン、神田通信機)

 

このシステムは、現実のモノや現象をデータで再現した「デジタルツイン」(デジタルの双子)と、相互に連携や接続ができる「オープンスタンダード」という2つのコンセプトにより、開発されました。

建物の内部に密に多用途センサーを設置して、様々なデータを収集・集約してクラウドプラットフォームにアップします。

クラウドには空調や照明、防犯などを制御するためのプログラムが稼働しており、データを分析し、その結果に基づいて設備を制御します。

多用途センサーで検知されたデータはクラウド上のデータサーバーに集約され、複数の設備の制御に使われる

多用途センサーで検知されたデータはクラウド上のデータサーバーに集約され、複数の設備の制御に使われる

現在、東京都内のあるオフィス(対象エリアは1000m2)に、多用途センサーとクラウドプラットフォームを導入し、照明制御の実証実験を行っています。

東京都内で行われている実証実験のイメージ。多用途センサーが密に設置されていることがわかる

東京都内で行われている実証実験のイメージ。多用途センサーが密に設置されていることがわかる

要素技術 企業名 共同開発における役割
①グラウトプラットフォームBluetoothセンサーネットワーク

Bluetoothタグ

協和エクシオWHERE Bluetoothを用いたmeshネットワークによるloTネットワークと位置測位およびデータの可視化や分析などのグラウトサービスの提供
②サーモパイル型人感センサー環境センサー オムロン 在不在・人数・放射温度、温湿度・照度・騒音・気圧などのセンサーからのデータの取得
③照明制御 神田通信機 オープンプロトコルかつ照明器具1台単位で明るさや点灯エリアの変更可能なDALI制御
④全体統合と建築・ワークプレイスへの適用 日建設計 要素技術の連携による全体統合の主導と建築・ワークプレイスにおける適用と普及の考案

これまでの制御システムは、設置した後は陳腐化する一方でしたが、今回のシステムはクラウドサーバー上で動くプログラムをバージョンアップしたり、新たな設備を追加したりと、

常に最新機能に更新

できるのが特長です。

人がいて、設備制御が行われている空間では、人や物の位置情報や利用状況、室内環境が定量データとして得られれば、オフィスや学校、病院、工場などの用途に応じて、きめ細かな制御が可能になります。

5社はワークプレイスの継続的な改善や、高精細でリアルタイムな制御を通じて、働き方改革や脱炭素社会の実現を目指していくとのことです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »