住宅のBIM確認申請教えます!フリーダムアーキテクツがコンサル開始

2020年4月22日

管理人のイエイリです。

フリーダムアーキテクツデザイン(本社:東京都中央区)と言えば、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルによる建築確認申請を行い、2016年8月に日本初の確認済証の交付を受けたことで知られています。(詳細は2016年9月2日の当ブログ記事を参照

2016年8月にBIM申請による日本初の確認済証が交付されたときのワークフロー(以下の資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

2016年8月にBIM申請による日本初の確認済証が交付されたときのワークフロー(以下の資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

AU Japan 2016で講演するフリーダムアーキテクツデザインの長澤信さん(写真:家入龍太)

AU Japan 2016で講演するフリーダムアーキテクツデザインの長澤信さん(写真:家入龍太)

このほか、2018年6月には、ベトナムのダナンに「BIMセンター」を開設し、月間約100棟ものBIMデータを作成し、BIMによる確認申請も100棟を超えるほど、量的にもBIM活用を拡大しています。

ベトナムに「BIMセンター」を開設した後、BIMによる確認申請も100件を超えるまでになった

ベトナムに「BIMセンター」を開設した後、BIMによる確認申請も100件を超えるまでになった

同社は、2020年5月1日に企業のBIM導入を支援する「BIMコンサルティングサービス」を開始することになりました。

住宅界で着々と積み重ねてきたBIM活用についての貴重なノウハウを、

ナ、ナ、ナ、ナント、

手取り足取り指導

してくれるというのです。(フリーダムアーキテクツデザインのプレスリリースはこちら

今回のサービス開始にあたり、同社はBIMソフト「Revit」に対応した「住宅BIM基本パッケージ」を商品化しました。その内容はBIMモデルから図面などの設計図書を作成する「テンプレート」や使い方が含まれています。

さらに企業にあったテンプレートやBIMワークフロー構築のサポートも行います。

ビジュアライゼーション技術を活用し、YouTubeによる動画プレゼンテーションやVR(バーチャルリアリティー)などを作成して、営業のサポートも行ってくれるのです。

BIMを使ったワークフローのイメージ

BIMを使ったワークフローのイメージ

VRで完成後の建物を体験できるサービス「ミエール」

VRで完成後の建物を体験できるサービス「ミエール」

YouTube動画を使った動画プレゼンの例

YouTube動画を使った動画プレゼンの例

そのオプションサービスには、同社ならではのBIM確認申請の

トライアル実施

も含まれているのです。

BIMモデルを使った確認申請のイメージ

BIMモデルを使った確認申請のイメージ

建築業界では今、BIMをはじめAIやロボットなどの新技術が続々と導入されており、デジタル技術で業務が大きく変革する「デジタルトランスフォーメーション」の波がやってくるのも時間の問題となっています。

そんな中、BIMという3D技術が使えるかどうかは、今後のデジタルトランスフォーメーションに対応していくための“登竜門”と言っても過言ではありません。

同社にも、BIMの導入をサポートしてほしいという要望が多く寄せられているため、今回、正式にサービスを提供することになりました。まずは先着5社から受付を開始し、順次サービスを展開するとのことです。

BIMへスイッチしようという建築設計事務所は、チャレンジしてみるきっかけになるかもしれませんね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »