新型コロナ時代の不動産業へ!GAテクノロジーズが3Dクラウド内覧を全社で導入

2020年4月3日

管理人のイエイリです。

新型コロナウイルス感染の拡大で、毎日のように感染者や死者が増え続けています。亡くなられた方には心からご冥福をお祈りします。

そんな中、多くの企業でテレワークが行われる一方、部屋の内覧など現場に行かないと仕事ができない不動産業は深刻な影響を受けています。

そこで「Prop Tech(プロップ テック)」と言われるIT(情報通信技術)を駆使して、新しいタイプの不動産業を展開するGA Technologies(本社:東京都港区)は、現場に行かなくても賃貸物件の内容がよくわかる「オンライン内覧コンテンツ」を導入しました。

その特長は、賃貸物件の内部をウェブブラウザーによって

ナ、ナ、ナ、ナント、

ウオークスルー内覧

できることなのです。(GA Technologiesのプレスリリースはこちら

物件の内部全体が3Dモデル化した「オンライン内覧コンテンツ」の例(特記以外の資料:GA Technplogies)

物件の内部全体が3Dモデル化した「オンライン内覧コンテンツ」の例(特記以外の資料:GA Technplogies)

そして、グループ会社が運営する高級賃貸サイト「モダンスタンダート」をはじめ、全社で採用を始めています。

高級賃貸サイト「モダンスタンダート」のトップページ(資料:Modern Standard)

高級賃貸サイト「モダンスタンダート」のトップページ(資料:Modern Standard)

物件紹介の写真とともに掲載されたオンライン内覧コンテンツの例(資料:Modern Standard)

物件紹介の写真とともに掲載されたオンライン内覧コンテンツの例(資料:Modern Standard)

この3Dモデルは、Matterport(マーターポート)の3Dスキャンカメラで物件の内部を撮影し、1つにつないで作ったものです。

物件の内部をまるで歩いて見回るようにウオークスルーできる「インサイトビュー」のほか、物件全体を間取り図のように見られる「フロアプランビュー」、そして物件全体をいろいろな角度から立体的に見られる「ドールハウスビュー」などが用意されています。(オンライン内覧コンテンツの例はこちらをごらんください

物件内をウオークスルーしながらじっくりと検討できる「インサイトビュー」

物件内をウオークスルーしながらじっくりと検討できる「インサイトビュー」

平面図のように全体の間取りが見られる「フロアプランビュー」

平面図のように全体の間取りが見られる「フロアプランビュー」

私も掲載中の物件でウオークスルーをしてみましたが、各部屋や廊下、そしてウオークインクロゼットの中まで入ってみられるのには驚かされました。

そして、3Dモデルだからこそできる機能も充実しています。例えば、各部の寸法を測れる「測定モード」です。

カーテンを発注するために

窓の寸法を測る

ことも簡単にできるのです。

実物の物件でメジャーで測るときは、手が届かない部分に手こずったりしますが、クリックだけでじっくりと測れるのは楽ですね。

計測機能で窓の寸法を測っているところ

計測機能で窓の寸法を測っているところ

また、何もない部屋に家具のCGモデルを配置して、インテリアコーディネートを提案することも一部の物件で行っています。

20200403-image06

新型コロナウイルスの影響で、これまで何の疑問もなく行っていた通勤や会議、現場での説明などが難しくなり、テレワークやテレビ会議などに頼らざるを得ない状況が続いています。

しかし、これまでの「移動のムダ」や「会議のムダ」、「電話に出るムダ」などがなくなったため、これまで経験しなかった生産性向上を感じている人も多いのではないでしょうか。

不動産取引でもオンライン面談や売買契約書の電子化、そして重要事項説明を動画で行う「IT重説」などの社会実験も進んでいます。

新型コロナウイルス問題が解決した後、日本の建設業や不動産業など「現場第一主義」のビジネスがどう変身していくのかも注目したいところです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »