築25年でエネルギーを78%削減!東急建設技研のZEB化で成果をさらに上積み

2020年5月20日

管理人のイエイリです。

東急建設は2016年8月から、技術研究所(神奈川県相模原市)の管理研究棟でZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)化改修に取り組んできました。

神奈川県相模原市にある東急建設技術研究所(以下の写真、資料:東急建設)

神奈川県相模原市にある東急建設技術研究所(以下の写真、資料:東急建設)

ZEB化改修により導入された様々な創エネ、省エネ、蓄エネ設備の数々

ZEB化改修により導入された様々な創エネ、省エネ、蓄エネ設備の数々

1992年に竣工した管理研究棟の改修工事は、2018年3月に終了。ZEB化改修によって断熱や遮熱が強化されたほか、太陽熱や地中熱、燃料電池の排熱利用」、自立型水素エネルギー供給システム、高度な省エネ技術など、ありとあらゆる「創エネ、省エネ、蓄エネ」設備が設置されました。

そして、2018年度には一般的なビルに比べて72%の省エネを実現し、続く2019年度にはさらに数字を10%ほど上積みして、

ナ、ナ、ナ、ナント、

78%のエネルギー削減

を実現したのです。(東急建設のプレスリリースはこちら

管理研究棟のエネルギー削減の過程

管理研究棟のエネルギー削減の過程

エネルギー消費量と発電量の推移

エネルギー消費量と発電量の推移

管理研究棟は、設計段階で一般的なオフィスビルに比べて50%以上のエネルギー削減量が見込まれるとして、「ZEB Ready(ゼブレディ)」にランクされていました。

そして今回、75%以上のエネルギー削減量を達成したことで、さらに上のランクである

Nearly ZEB(ニアリーゼブ)

へと進化したことになります。

前年度からのエネルギー削減量は125GJ(ギガジュール)でした。その内訳を見ると、照明の削減分が31GJ、換気の削減分が41GJ、空調の削減分が50GJ、太陽光発電の増加分が2GJなどとなっています。

これまでのオフィスは、人がほとんどいないのに、フロア全体に照明がこうこうと点灯していたり、空調・換気が行われていたりとムダが多くありました。

これらのムダを、人がいる場所だけ照明や空調を強化する「タスク&アンビエント制御」や、こまめに自然換気を行ったりすることで、少しずつ削減していった様子がデータからうかがえます。

竣工から約25年もたったビルで、国内トップレベルのエネルギー削減ができたことにもビックリですが、創エネ、省エネ、蓄エネをフル活用して少しでもZEBの実現に近づけようと知恵を絞った運用・維持管理者やオフィス利用者の熱意があってこその成果ですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事


Translate »