CEATECが開幕!フォーラムエイトのVR-Cloudに注目集まる

2012年10月2日

フォーラムエイトは、10月2日(火)~7日(土)までの6日間、千葉・幕張メッセで開催される通信・情報・映像分野におけるアジア最大の展示会「CEATEC 2012」に、出展します。

展示するのは3DVRクラウド「VR-Cloud」のほか、主力製品のバーチャルリアリティーソフト「UC-win/Road Ver8」、実車に近い感覚でUC-win/Road上をステアリングできる「UC-win/Road SensoDrive Simulator」のほか、「ウルトラ・マイクロ・データセンター(UMDC)」を参考出展しています。

伊藤裕二代表取締役は今回のCEATECへの出展のについて「建設業や自動車業界に対して合意形成や、公共事業の後方手段としてVR-Cloudを提案していきたい」と説明しています。

「ウルトラ・マイクロ・データセンターは、ドライビングシミュレーターをクラウド上で提供するために、最適な3Dグラフィックボードを搭載した小型の低コストサーバーだ。従来のブレードサーバーに比べて幅が小さく、容積も3分の1程度とコンパクトで、価格も50%程度になる見込みだ」(伊藤社長)。

10月2日に行われたCEATECのオープニングレセプションには、フォーラムエイトの伊藤代表取締役のほか武井千雅子取締役、川村敏郎特別顧問が出席し、大手電機メーカー首脳などにVR-Cloudをアピールしました。

スマホを使った会場内でのミニプレゼンの様子をCEATEC関係者も周囲からのぞき込むほど、VR-Cloudに対する業界の関心の高さをうかがわせました。

 20121002-image3f.jpg  20121002-image2f.jpg

多くの関係者で満員のオープニングレセプション会場(左)と来賓らによるテープカットの瞬間(右)(写真:家入龍太。以下同じ)

 20121002-image1f.jpg  20121002-image4f.jpg
テープカットの瞬間を狙う報道陣(左)。オープニングセレモニーに参加した(左から)川村敏郎特別顧問、伊藤裕二代表取締役、武井千雅子取締役(右)
 20121002-image5f.jpg  20121002-image6f.jpg
大手電機メーカー首脳に伊藤社長自らでスマートフォンでVR-CloudをPR(左)。スマホでみたVR-Cloudの画面(右)

詳しい出展内容ついては、フォーラムエイトのウェブサイトで。


Translate »