CIMの強化を目指す「UC-1 Engineer’s Suite積算」をリリース

2014年10月12日

 

フォーラムエイト、CIMの強化を目指す 「UC-1 Engineer’s Suite積算」をリリース。 FEM解析シリーズのスイート版も同時提供開始。

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL:http://www.forum8.co.jp)は、2014年10月、UC-1 Engineer’s Suiteの新たなラインナップとして「UC-1 Engineer’s Suite積算」をリリースいたしました。併せて、FEM解析シリーズ各製品のスイート版であるFEM Engineer’s Suiteも同時提供を開始いたします。

昨年、新シリーズとしてリリースされたUC-1 Engineer’s Suiteは、1981年よりスタートしたUC-1シリーズ各製品のスイート版で、クラウドに対応し、2DCAD/3D配筋機能などを共通機能として搭載しています。新たにラインナップに加わった「UC-1 Engineer’s Suite積算」により、設計計算-数量算出-積算というCIMの目指す各段階の連携を、UC-1シリーズでさらに強化することができます。また今回、新製品の追加等に伴い、UC-1 Engineer’s Suite各スイートの構成製品を刷新いたします。

FEM Engineer’s Suiteは、動的多点入力対応のEngineer’s Studio® Ver.4がリリースされ、熱応力ソリッド解析FEMLEEG、地盤FEM解析シリーズ等と合わせて、スイート版として提供が開始されました。本格的な性能設計の時代を迎え、高精度な3次元解析によりCIMをサポートするソリューションとなっています。

フォーラムエイトでは、CIMの普及推進のため、土木学会主催CIM講演会のスポンサー企業として協力しており、その開催日程に合わせ、全国各地でIM&VR・CIM技術サポートセミナーを開催しております。今後は、CIMの入門として「IM&VRと3DVRエンジニアリングサービスの活用」セミナーの開催を企画しております。

また、11月19日から21日まで開催される「デザインフェスティバル2014 3-Days」(場所:品川インターシティホール/東京本社セミナールーム)では、多数のセッションや特別講演に加えて、3D図面・VR・各種解析・シミュレーションの活用などを体験いただける「CIM体験コーナー」を設けています。

▲積算開発のコンセプト

 

▲UC-1 Engineer’s Suite積算全体イメージと積算連動

 

▲FEM地盤解析連携図

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。


Translate »