水門の設計計算 Ver.4 リリース

2015年12月7日
プログラム概要

ライン

平成20年3月に土木研究所より「地震時保有水平耐力法に基づく水門・堰の耐震性能照査に関する計算例」が示されました。

本製品は、この計算例に示される設計手法を参考として水門・堰の常時・レベル1地震時、およびレベル2の耐震性能照査を行います。

  水門の設計計算 Ver.4.00.00<2015年 11月 30日リリース> NEW

ライン

  1. 「堰柱床版」上の任意荷重を追加
  2. 終局曲げモーメントMu算出に、終局ひずみ発生位置の直接指定機能を追加
  3. 堰柱断面の水流方向のせん断耐力算出に、有効幅bの直接指定機能を追加
  4. 許容応力度法照査について、地震時のみ照査する計算オプションを追加
  5. 門柱の任意荷重について「水流方向位置」、「直角方向位置」の入力を追加
  6. 任意荷重に水平荷重、作用ケース、慣性力と作用方向を追加
  7. レベル2照査の堰柱基部断面力算出用骨組モデルの解析結果出力オプションを追加

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。


Translate »