新春トップメッセージ

2016年1月4日
新年あけましておめでとうございます。

フォーラムエイトは、本年も「バーチャルリアリティの時代。」を具現すべくソフト開発、システム開発並びに技術サービスにおいて最先端技術の積極的な取り組みを続けます。

2000年発売したバーチャルリアリティUC-win/Roadは、本年2016年年初にVer.11をリリースしま
す。高精度レンダリング、東工大と共同開発したSfM(写真解析3Dモデリング)、Open
Street Mapの対応などに加え、各種デバイスとの連携としてOculus
Rift、cycleStreet(エアロバイク)、CAVEシステム、ヘッドトラッキングなど多様なプラグインを開発しています。3DVRクラウド
“VR-Cloud®”は、このVer.11においてAdvanced版で標準実装されます。これにより3DVRモデルのインターネット公開やデザイン協
議をWebで簡単に行えます。

ソフトウェアを核としたインテグレーション事業も、ドライブシミュレータシステムをはじめとして成長を遂げており、国内外での受注が良好です。2015年は名古屋大学へ世界初の大型4K5面立体視ドライビング・シミュレータを納入しました。

株式会社 フォーラムエイト 代表取締役社長 伊藤 裕二

土木建築分野では、VR(UC-win/Road)と
3DCAD(Allplan、3DCAD
Studio®)をCIM/BIMの中核ソリューションに据え、UC-1エンジニアスイートや”スイート積算”で事業全般で3D環境を提供します。また、
“京”に代表される HPC(High Performance
Computer)の活用を目指して、スパコンクラウド®サービスを開始していますが、昨年、東北大と共同開発した海洋津波解析や構造解析、騒音解析、
CGレンダリングに加えて、風、熱、流体解析などのサービス提供を行います。本年2016年は氾濫浸水解析の新製品を準備しています。

今後の開発展開としては、さらなるVRソフト開発に注力し、年央にはUC-win/RoadVer.12をリリースします。また、VR技術の利用推進を図
る3DVRエンジニアリングサービスにおいても様々提案を加えてまいります。“Organic Parking”、”Arcbazar-
ProjectVR”など海外大学、企業とも連携し国際展開を図ってまいります。本年もフォーラムエイトの活動にご期待下さい。

2016年1月

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。


Translate »