KentemLINKに「建設関係者必見のYouTube動画」を連載開始

2019年8月19日

建設システムが解説した建設ポータルサイト「KentemLINK」に、「建設関係者必見のYouTube動画」の連載を開始しました。

第1回は、型枠の設置からコンクリ打設までを完全自動化したドイツのRCスラブ工場の動画です。

型枠からコンクリ打設までを自動化!RCスラブ工場に潜入

ドイツのボラート社(Vollert Anlagenbau)は、型枠や鉄筋の組み立てからコンクリート打設までをロボットによって完全自動化し、床や壁に使われるコンクリートスラブを製造しています。「そんな工場を見てみたいけど、ドイツは遠いな」とあきらめ気分のあなた、YouTubeを見れば“バーチャル工場見学”ができますよ。

ドイツ・ボラート社の全自動スラブ生産工場(Images:Courtesy of Vollert Anlagenbau)

鉄筋コンクリートの床や壁を造るというと、合板で型枠を組み、鉄筋を1本1本、番線でしばり、コンクリートを打設する、という手作業が当たり前と思っている人も多いでしょう。

しかし、世界は進んでいるのです。ドイツのボラート社は、床や壁に使われる鉄筋コンクリートスラブの生産を、ロボットで全自動化してしまったのです。同社がYouTubeに公開した動画「二重壁と床スラブの全自動生産(High-Automated Production of Double Walls and Floor Slabs)で、バーチャル工場見学をしてみましょう。

続きは、KentemLINKのウェブサイトでご覧ください。


Translate »