ARCHICAD BIM事例レポート  株式会社イチケン

2019年11月25日

実力派中堅ゼネコンとして知られる株式会社イチケンが、BIM活用への展開を加速している。BIM導入こそ2016年と後発だったが、ARCHICAD を核とする独自のBIM運用ルールの策定や、社員はもちろん協力会社も含めた徹底的なBIM教育など、念入りに基盤を固めた上で、昨年いよいよ実案件での設計・施工BIMの運用を開始したのだ。プロジェクトには独自の2D/3Dハイブリッド「イチケンマスターBIM」を始め新機軸の試みも多数盛り込まれ、注目を集めている。ユニークな取組みの詳細と狙いについて、設計部部長の福元明広氏と設計四部部長の宮田賢作氏にお話を伺った。

ARCHICAD BIM 事例レポート 株式会社イチケン

詳しくは、グラフィソフトジャパンのウェブサイトで。


Translate »