砂防堰堤の設計計算 Ver.3 リリース

2019年11月11日
プログラム概要

ライン

「砂防堰堤の設計計算」は、砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)解説および土石流・流木対策設計技術指針解説に準拠した土石流・流木捕捉工としてのプログラムです。

対応する砂防堰堤の設計対象は、《水通しの設計》と《本体・基礎・袖の設計》とします。

■解析の主な機能

  • 設計流量の算出
  • 水通しの設計
  • 越流部及び非越流部の安定計算
  • 袖部の設計
  • 前庭保護工(水叩き、副堰堤)
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲メイン画面
  Ver.3.0.0 改訂内容<2019年 11月 6日リリース>NEW

ライン

  1. 『砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)解説 平成28年4月』に対応

    ・計画捕捉量の概算に対応

    ・計画捕捉流木量の計算に対応

    ・計画捕捉土砂量の計算に対応

    ・重力加速度の初期値を9.80m/s2から9.81m/s2に変更

  2. 『土石流・流木対策設計技術指針 解説 平成28年4月』に対応

    ・不透過型における非越流部の安定計算において袖部を含めた水通し断面とする場合に対応

    (土石流水深が袖部を上回る場合、上回らないように平常時堆砂面を下げる。)

    ・不透過型における非越流部の安定計算に対応(袖小口の断面に対応)

  3. 3Dアノテーションに対応

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。


Translate »