「SiTECH 3D / SiTECH 3D Studio 32ビット版」の対応終了

2020年2月24日

この度、お客様に快適に3D施工データを作成していただくため、「SiTECH 3D / SiTECH 3D Studio 32ビット版」の対応を終了することとなりました。

これまで、32ビット版の環境で「SiTECH 3D / SiTECH 3D Studio」をご使用いただいた際、3D施工データのサイズが大きい場合にデータの入出力ができなくなるなどの現象がありました。
3D施工データなど大容量のデータを取り扱うことが増える中、64ビット版の安定した環境に移行していただくことで、3D施工データ作成のパフォーマンスが向上し、効率よく安心して製品をご利用いただけます。
「SiTECH 3D / SiTECH 3D Studio 32ビット版」をご利用中のお客様におかれましては、動作環境に適合した環境への移行をご準備くださいますよう、お願い申し上げます。

今後は、64ビット版の開発に尽力し、新機能などをいち早くご提供できるよう努めてまいります。

 

■対応終了OSと終了日について

対応終了OS 対応 / サポート終了予定
・Windows 8.1 32ビット版 ・Windows 10 32ビット版 2020年6月頃

■ご注意点

  • 2020年6月の対応終了以降に32ビット版をご使用の場合は、今後アップデートができなくなります。あらかじめご了承ください。
  • 「SiTECH 3D 64ビット版」で出力した「SiTECH File Viewer」は、これまで同様、32ビット環境では使用することができません。

※最新の動作環境については、以下をご確認ください。
・弊社製品の動作環境

※ご利用中の「Windows」のバージョンが分からない場合は、Windowsの[スタート]ボタンを右クリック →[設定]→[システム]→[バージョン情報]をクリックし、[バージョン]欄をご確認ください。

詳しくは、建設システムのウェブサイトで。


Translate »