Vectorworks 2019 日本語版 サービスパックをリリース

2020年2月16日

本項では、Vectorworks 2019 日本語版用のサービスパック(ServicePack)に関する情報を掲載しています。

▼最新サービスパックの適用方法

  • Mac: Vectorworksメニュー > アップデータを確認
  • Win: ヘルプメニュー > アップデータを確認

Vectorworks 2019を起動し、上記メニューよりアップデータ確認を行ってください。
「利用可能な最新版のVectorworksサービスパックが存在します」と表示された場合は、ダイアログに従ってアップデートを行ってください。(「Vectorworksは最新の状態です」と表示される場合は、既に最新のサービスパックが適用されています。)
アップデートの詳しい手順につきましては、こちらを合わせてご参照ください。

▼サービスパック適用時のご注意点

最新サービスパック用のアップデータは、インターネットに接続してダウンロードされます。
このため、ご利用の環境によっては、ネットワーク関連のセキュリティ設定により下記のようなエラーとなり、ダウンロードが行えない場合があります。下記の点にご注意ください。

  • 各種セキュリティソフトを停止させた状態で行ってください。
    また、その他の常駐アプリケーションも極力停止させてください。
  • アップデートのためのインターネット接続ができない場合は、各種ファイアウォールの設定変更や停止を行ってください。
    ファイアウォールは、OSレベルの機能(WindowsファイアウォールやMacアプリケーションファイアウォール)や、ソフトウエア型ファイアウォール、ハードウエア型ファイアウォール(ルーター等のネットワーク機器に実装されているもの)などがあります。
    ファイアウォールのセーフリストに追加するURLや、開放が必要なポート番号など、より詳しい接続先情報につきましては、こちらをご参照ください。
  • macOS 10.15(Catalina)用 暫定版プログラム サービスパック5 (SP5)は、最新のサービスパック6 (SP6)にアップデートすることはできません。お手数ですが、SP4以下からのアップデートを行っていただくか、もしくはVectorworks 2019 インストーラを改めてダウンロードし、再インストールを行ってください。

▼修正内容

※ プロダクト種別: D=Designer / A=Architect / L=Landmark / S=Spotlight / F=Fundamentals

2020/02/12公開: Vectorworks 2019 SP6(クリックで展開)
2019/08/01公開: Vectorworks 2019 SP4(クリックで展開)
2019/06/18公開: Vectorworks 2019 SP3(クリックで展開)
2019/01/16公開: Vectorworks 2019 SP2(クリックで展開)

詳しくは、エーアンドエーのウェブサイトで。


Translate »