気になる電子小黒板。工事現場に普及する理由とは?オススメのアプリ徹底比較!

2020年3月24日

工事黒板とは、工事写真を撮影する際に置く、工事の詳細(工事名・撮影日・立会者・工種・施工状況など)を記した小黒板のことです。工事黒板には、写真だけでは説明できない情報を補う役割があります。

 

工事黒板とは?

工事黒板とは、工事写真を撮影する際に置く、工事の詳細(工事名・撮影日・立会者・工種・施工状況など)を記した小黒板のことです。工事黒板には、写真だけでは説明できない情報を補う役割があります。

電子小黒板とは?工事黒板との違いは?

電子小黒板とは、従来の工事黒板をデジタル化したものです。専用のアプリやソフトをインストールすると、工事写真を撮影する際に、デジタルの黒板を挿入することが可能になります。入力や編集もスマートフォンやタブレット一台でできるので、従来のように重い黒板やチョークをいくつも持ち歩く必要はありません。

電子小黒板の導入メリット

電子小黒板を導入する一番のメリットは、作業時間の短縮です。電子小黒板機能のあるアプリを使用することで、大幅に時間がかかっていた工事写真の撮影から台帳の作成・提出までを、一貫して行うことができるため、作業時間はもちろんのこと、人的コストの削減にも繋がります。

電子小黒板アプリと従来の方式の比較

工事写真の撮影から管理までにどのくらいの時間がかかるのかを、電子小黒板アプリと従来の方法を比較してみました。

従来の撮影方法 電子小黒板を利用した撮影
撮影準備工程 約30分 約20分
工事写真撮影工程 約60分 約5分
工事写真管理工程 約90分 約10分
合計 約180分 約35分

*自社調べ

このように、電子小黒板アプリを使用することで、約四分の一の時間で作業が完結することが分かります。

大量の黒板を簡単に準備できる

電子小黒板は、事前にアプリ内にたくさんの黒板を作成しておくことが可能です。そのうえ、黒板の情報を保存しておけるので、同一の工事情報は簡単に複製することができます。従来のように大量の黒板を持ち運び、工事ごとに書き直すといった手間も省けます。

1人でできる工事写真撮影

従来は工事写真を撮影するのに、複数の小黒板を持ち歩く・撮影の度に黒板を書き直す・場合によっては撮影する際に黒板を手で持つ、などの理由から、複数人の労力が必要でした。電子小黒板を使うことで、一人で工事写真を撮影することができるので、この労力を削減することができます。

撮影写真を自動で整理・台帳保存

電子小黒板で撮影した写真のデータは自動で整理され、台帳も自動で作成されるので、従来のように人力で整理・作成する手間が省け、時間短縮・人件費削減に繋がります。

電子小黒板導入の注意点

大変便利な電子小黒板ですが、導入する際は以下の二点に注意が必要です。
・電子小黒板の採用が難しい現場があること
・必ず国土交通省認可のアプリを導入すること

電子小黒板の導入が難しい現場

電子小黒板はカメラではなく、あくまでスマートフォンやタブレットといった端末を使用するため、高度なカメラ性能が求められる場面での撮影が難しい場合があります。
例えば、トンネルなど十分な照明が確保できない場所では鮮明な写真撮影が難しく、多湿や粉塵は端末故障の原因になります。

国土交通省に認可されているかどうか

電子小黒板アプリを選ぶ際は、国土交通省に認可されているかどうかが重要です。認可されているアプリでは、画像編集ができない仕様になっているため、写真の改ざんを疑われることがなくなり、従来のようにデジカメで撮影した写真と同様の信頼性を担保できます。

電子小黒板 ソフト/アプリ比較

とっても便利な電子小黒板アプリですが、どのアプリを使えば良いか分からない…といった方も多いはず。そんな皆さんのために、おすすめの工事写真アプリを5つ紹介します。

2.蔵衛門工事黒板

5万件を超える現場に導入されてきた、導入実績1位の「蔵衛門」。どのような環境でも安心して使うことができるよう、防塵・防水ボディに耐衝撃ケースを装備した専用タブレットを使用します。

参照:PR Times:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000001288.html

▶HP https://www.kuraemon.com/

▶レビュー ★★★★★ 4.7(2,444件の評価)http://u0u1.net/YVZb

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板の豆図描画
・電子黒板付き工事写真撮影
・工事写真の自動整理
・工事台帳の自動作成
・台帳のExcel、PDF納品版作成
・クラウド上での閲覧、編集
・写真の電子納品出力
・JACICの改竄チェック機能
・国土交通省認可

▶料金 ・30日間無料体験
・有料版 ¥79,800/1台~

5.Photoruction

「Photoruction」の魅力は工事写真だけでなく、図面や書類なども一元管理できる機能の多さ。また、機密情報の暗号化ISO27001、二段階認証などセキュリティ面も徹底されています。

▶HP https://www.photoruction.com/

▶レビュー ★★★★☆ 4.2(37件の評価)http://u0u1.net/LVie

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板の豆図描画
・写真の自動整理
・電子黒板付き工事写真撮影
・工事写真の自動整理
・工事台帳の自動作成
・TODOリスト作成
・台帳のExcel、PDF納品版作成
・クラウド上での閲覧、編集
・写真の電子納品出力
・JACICの改竄チェック機能
・国土交通省認可
・オフライン対応

▶料金 ・30日間無料体験
・有料版 ¥3,980/月/人 ~

4.電子小黒板PhotoManager

▶HP https://www.wise.co.jp/quickproject/pmm/

▶レビュー ★★★☆☆ 3.0(73件の評価)http://u0u1.net/0J43

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板の豆図描画
・電子黒板付き工事写真撮影
・工事写真の自動整理
・クラウド上での写真閲覧
・工事台帳の自動作成
・台帳のExcel、PDF納品版作成
・写真の電子納品出力
・JACICの改竄チェック機能
・国土交通省認可

▶料金 ・無料体験1年間
・有料版 ¥9800

3.現場DEカメラ

「現場DEカメラ」の最大の魅力は電子小黒板の種類が豊富なこと。9種類の黒板から用途に合った黒板を選択できます。

▶HP http://www.genba21.com/genbadecamera/

▶レビュー ★★★☆☆ 2.6(30件の評価)http://u0u1.net/iEBv

▶主な機能 ・電子小黒板作成
・電子小黒板カスタマイズ
・黒板への図面貼り付け機能
・電子小黒板の豆図描画
・工事写真の自動整理
・工事写真の位置情報添付
・工事台帳の自動作成
・台帳のExcel納品版作成

▶料金 ・基本機能は無料
・有料版、現場DEカメラPRO(¥3,000)

1.工事写真

「工事写真」は、世界で初めてリリースされた工事写真アプリです。

▶HP http://www.booth-web.com/app/kojishashin/

▶レビュー ★★☆☆☆ 1.6(63件の評価)http://u0u1.net/ZC4z

▶主な機能 ・工事写真の撮影
・写真の自動整理、自動バックアップ保存
・電子小黒板作成
・国土交通省認可

▶料金 ・基本機能は無料
・その他課金制
例)写真のバックアップサーバーへの保存:¥250~/1GB/30日間

工事小黒板のまとめ

詳しくは、Photoructionのウェブサイトで。


Translate »