4/22ウェビナー、構造設計へのBIM活用で作業効率3倍!

2020年4月6日

2020年4月22日

午後1時0分 – 午後2時0分

オンライン

明日から実践! 効果の高い構造での BIM 活用で作業効率 3 倍 !

高まる BIM 需要 ー構造 BIM 対応どうしますか ?
国交省主催の建築 BIM 推進会議が考案した BIM 標準ガイドライン(案)によると構造設計においては「柱・大梁・耐震壁・プレース・基礎梁・床・小梁」での BIM モデル作成があげられています。今後 BIM が標準化していく動きの中で、これらに対応できることが、会社としての生き残りや競争力アップに欠かせません。BIM 対応はもう他人事ではありません。

本オンラインセミナーでは、2D CADを使った今までの構造設計とBIMを活用した場合の違い、一環構造ソフトとの連携、伏図・軸組図・断面リストの自動生成方法など、BIMを使った構造設計について具体的なデモも交えてご紹介します。

スピーカー

  • オートデスク株式会社
    オートデスク株式会社
    テクニカルスペシャリスト 林 弘倫

詳しくは、オートデスクのウェブサイトで。


Translate »