職人さんも「これは便利だ」!図面なしのAR内装工事に挑戦

2017年6月22日

管理人のイエイリです。

現実の風景に、実寸大の図面やBIMモデルを重ねて見られるAR(拡張現実)デバイスとして、マイクロソフトの「HoloLens(ホロレンズ)」が、建設関係者の間で注目を集めています。

6月8日の記事で、インフォマティクスが東京大学本郷キャンパスで、同社開発のソフト「GyroEye Holo」を使って、鴻池組が施工するビル現場の床にCAD図面を表示する実証実験を紹介しました。

建設関係者の間で注目が集まっている「Microsoft HoloLens」(写真:家入龍太)

建設関係者の間で注目が集まっている「Microsoft HoloLens」(写真:家入龍太)

そして同社は、6月21日~23日、東京ビッグサイトで開催中の「第25回 3D&バーチャル リアリティ展」で、さらなるチャレンジを行ったのです。

インフォマティクスの展示ブースで

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

HoloLensによる内装工事

 

にチャレンジしたのです。

HoloLensを着けて内装工事を行う新野勝さん(以下の写真、画像:インフォマティクス)

HoloLensを着けて内装工事を行う新野勝さん(以下の写真、画像:インフォマティクス)

パネルの設置作業も、図面やメジャーを使わずにHoloLensだけでスイスイ行った

パネルの設置作業も、図面やメジャーを使わずにHoloLensだけでスイスイ行った

内装工事後のブースとCAD図面

内装工事後のブースとCAD図面

HoloLensを通して、ブース内壁に張るサインやパネルなどの位置が現場に重なって見えるので、作業はスイスイと進みます。

これまでのように、図面と現場を見比べながら、メジャーで墨出して、ようやくパネルを設置するといった手間がありません。

いったい、新野さんの目には、どのように現場が見えていたのでしょうか。次の映像を見ると、なかなかの精度であることがわかります。

インフォマティクスのロゴの張り付け位置

インフォマティクスのロゴの張り付け位置

展示ブースの隅の部材とCAD図面

展示ブースの隅の部材とCAD図面

床面を見ると什器の設置位置が描いてある

床面を見ると什器の設置位置が描いてある

かがんで見ると、棚の下の寸法などがわかる

かがんで見ると、棚の下の寸法などがわかる

この画期的な内装工事に果敢に挑戦したのは、アートステーションのサイン職人、新野勝さんです。

施工後は、

 

「これは便利だ!」

 

と、興奮した様子で話していたそうです。

ベテランの職人さんもうならせるHoloLensは、これからの工事現場を大きく変えていくかもしれませんね。

自分も体験してみたいという方は、6月23日まで、小間番号「47-9」のインフォマティクスブースでどうぞ。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください