オートデスク

2019年11月11日
Autodesk Revit の拡張ツール「BooT.one」を使ってより簡単に効率よく建築設計を行う方法をご紹介する体験講習会を実施します。 BooT.one の詳細 https://tobim.net/bootone 主催・共催:オートデスク・応用技術・シーキューブ 会場:高崎白銀ビル 第一会議 […].........続きを読む

Autodesk Revit の拡張ツール「BooT.one」を使ってより簡単に効率よく建築設計を行う方法をご紹介する体験講習会を実施します。 BooT.one の詳細 https://tobim.net/bootone 主催・共催:オートデスク・応用技術 会場:オートデスク大阪セミナールム (大阪 […].........続きを読む

2019年10月29日
Autodesk Civil 3D 入門(用地造成編)無料体験会 【大阪】   Civil3Dの用地造成の専門機能グレーディングについて習得することができます。土量バランスを計算して最適値を求めるなど造成機能の基本や、コリドーや計画線を活用した造成のための手法を体験できます。   […].........続きを読む

Autodesk Civil 3D 入門(用地造成編)無料体験会【大阪】   Civil3Dの用地造成の専門機能グレーディングについて習得できます。土量バランスを計算して最適値を求めるなど造成機能の基本や、コリドーや計画線を活用した造成のための手法を体験できます。 【主な学習内容】 ・Ci […].........続きを読む

Autodesk Civil 3D 入門(用地造成編)無料体験会【東京】   用地造成の専門機能グレーディングについて習得できます。土量バランスを計算して最適値を求めるなど造成機能の基本や、コリドーや計画線を活用した造成のための手法を体験できます。   開催日時: 2019 年 […].........続きを読む

Autodesk Civil 3D 入門(用地造成編)無料体験会【東京】   用地造成の専門機能グレーディングについて習得できます。土量バランスを計算して最適値を求めるなど造成機能の基本や、コリドーや計画線を活用した造成のための手法を体験できます。   開催日時: 2019 年 […].........続きを読む

2019年10月14日
オートデスクの BIM ソリューション Autodesk Revitと構造システムの一貫構造計算ソフト BUS-6 はひとつの建物データ(Revitプロジェクト)を共有し、構造計算データと BIM モデルとの整合性を保持しながら構造設計を進めることができます、Revit と BUS-6 のダイレクト […].........続きを読む

2019年10月5日
2019年度ガイドライン概説とオートデスクソリューション 既に国土交通省からガイドラインや基準類のアップデート情報、今後のBIM/CIM施策の方向性について公開されていますが、その中で重要な部分を抜粋してご紹介します。また、これらに対応するオートデスクソリューションについてご紹介します。 1.CIM […].........続きを読む

設備、プラント関係者の方必見!点群取得と活用術セミナー ~計測、BIMモデル化、干渉チェック、VRまで~    昨今、国交省営繕のBIM指定工事の発注が開始され、点群活用する事例の増加に伴い、BIMの活用が期待されております。 実際の使い方や活用方法がわからないとのユーザ様のお声に対し、本 […].........続きを読む

1 / 4712345...102030...最後 »
次ページへ »