フォーラムエイト

2017年11月21日
CRMベストプラクティス賞を連続受賞 ~開発者と業界ステークホルダーとの対話強化モデルを評価~ (2017年11月14日掲載)  フォーラムエイトは、2017年11月1日、一般社団法人 CRM協議会主催「2017 CRMベストプラクティス賞」を受賞しました。この賞は、正しいCRM導入プロセスを通して […].........続きを読む

2017年11月13日
フォーラムエイト、MITで開催の「ACADIA 2017」にスポンサー協力 プレイベントでUC-win/Road活用のハッカソンを実施 2017年10月28~29日、株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:http://www.forum8.co.jp)が […].........続きを読む

2017年11月6日
プログラム概要 本製品は、国土交通省より平成29年7月21日の通達で通知された「橋、高架の道路等の技術基準(道路橋示方書)の改定について」の条文を参考に、任意形格子桁の計算に対応したものです。 ※条文から判断できない部分については、従来の基準類等を参考に弊社で判断していますが、H29道路橋示方書・同 […].........続きを読む

プログラム概要 本製品は、国土交通省より平成29年7月21日の通達で通知された「橋、高架の道路等の技術基準(道路橋示方書)の改定について」の条文を参考に、箱式橋台の設計に対応したものです。 ※同解説の発刊までは、具体的な照査方法や考え方が明確でない項目等、一部の機能を制限しております。 ※条文から判 […].........続きを読む

フォーラムエイト、Edvation x Summit 2017にプラチナ協賛 「VR・AR・MR、教育コンテンツ」をテーマとした展示・パネルディスカッション実施  株式会社フォーラムエイト(本社:東京都港区港南2-15-1、社長:伊藤裕二、URL:http://www.forum8.co.jp)は、 […].........続きを読む

プログラム概要 「落橋防止システムの設計計算(部分係数法・H29道示対応)」では、平成29年道路橋示方書に対応しています。平成29年道路橋示方書では、部分係数法による照査が新たに導入されました。本製品においては、本改定に対応した以下の項目を照査することが可能です。 桁かかり長 落橋防止構造 横変位拘 […].........続きを読む

2017年10月31日
プログラム概要 都市化された流域では、上下水道、遊水池などの存在が水の循環をより複雑なものにしています。 近年、都市河川をとりまく環境が急激に進むなかで、従来の『河川砂防技術基準(案)』の記述だけでは必ずしも適切に対処できない点が多くみられるようになってきています。 都市河川では、その流出機構に下水 […].........続きを読む

詳しくは、フォーラムエイトのウェブサイトで。CPWCのノミネート作品はこちら、VDWCのノミネート作品はこちらをご覧ください。.........続きを読む

2017年10月24日
第4回 ナショナル・レジリエンス・デザインアワード ノミネート作品発表 審査員の方々による厳正な審査の結果、合計8作品をノミネートいたしました。  ガス管変位地盤解析 -立坑掘削によるガス管への影響解析- 若鈴コンサルタンツ株式会社 大分事務所 使用プログラム : 2次元弾塑性地盤解析(GeoFEA […].........続きを読む

第16回 3D・VRシミュレーションコンテスト オン・クラウド ノミネート作品発表 審査員の方々による厳正な審査の結果、合計10作品をノミネートいたしました。 No.1  「3次元点群を用いた国指定史跡 左沢(あてらざわ)楯山(たてやま)城跡 第1期整備計画の提案」 株式会社寒河江測量設計事務所 山 […].........続きを読む

1 / 5212345...102030...最後 »
次ページへ »