3Dスキャナー(33) /3Dプリンター(87) /5G(2) /AI(122) /AR・MR・VR(103) /BIM(764) /CAD(271) /CIM(405) /eコマース(3) /i-Construction(16) /IoT(26) /イノベーション(4) /イベント(71) /クラウド(311) /シミュレーション(252) /スマートグリッド(49) /スマートハウス(51) /ドローン(118) /モジュラーコンストラクション(2) /ロボット(242) /不動産(2) /事務処理(1) /周辺機器(753) /安全(5) /建設ICT(188) /携帯端末(14) /新製品(12) /施工(529) /未分類(85) /測量・計測(4) /環境(3) /省エネ(159) /経営(117) /維持管理(486) /解体(1) /設備(3) /設計(2) /話題(275) /通信・ネットワーク(4) /防災(188) /
2020年4月9日
多用途センサーで収集したビル内の様々なデータをクラウドにアップし、多用途の制御に活用します。システムをバージョンアップしたり、増設したりすると常に最新機能に保たれるのが特長です。.........続きを読む

2020年4月8日
搭載したレーザースキャナーで周囲の地図を作りながら自律走行して床面を撮影。そのデータからAIがリアルタイムにひび割れを計測し、CADデータ化します。1500平米の床なら6時間で検査します。.........続きを読む

2020年4月7日
従来の付せんに代わってダメ出し部分をiPad上にAR表示します。報告書の作成も効率化できるので、従来の仕上げ検査に比べて作業時間を60%も短縮することができました。.........続きを読む

2020年4月6日
マンションやホテルの仕上工事の手直しが今、どこで、どれだけ進行しているのかという進捗状況をリアルタイムに集約し、工事関係者で共有します。位置特定にQRコードを使っているのがミソです。.........続きを読む

2020年4月3日
現場に行かなくても賃貸物件の内部をくまなく見られます。間取り図表示や計測機能も用意。新型コロナウイルス拡大の中、現場第一主義のビジネスが変わろうとしています。.........続きを読む

2020年4月2日
クラウド+顔認証技術で入退場管理が行えるほか、多言語に対応した新規入場教育の動画配信、資材や弁当のキャッシュレス購入など、工事現場の様々なお困りごとを解決してくれます。.........続きを読む

2020年4月1日
施工の様々なデータをクラウド上のBIM/CIMモデルにひも付けて、施工管理の情報をわかりやすく共有します。簡単に使えるBIM/CIMツールも開発。移動のムダが大幅に減らせそうです。.........続きを読む

2020年3月31日
河川工事の世界では、ゲームエンジンを使ってデザインした河川のイメージを、ICT建機を使ってそのまま施工することが可能です。VR作家や芸術家が河川工事の設計を行う時代になってきました。.........続きを読む

2020年3月30日
建設各社が配筋検査システムの開発にしのぎを削る中、清水建設が3眼カメラを使ったシステムを開発しました。シャープの8K映像技術を使っています。.........続きを読む

2020年3月27日
手描き図面を複合機でスキャンするだけで、クラウド上のAIが3Dモデルに自動変換します。その秘密は、クラウドと連携した複合機にありました。ちなみに利用料金は月額1500円とリーズナブルです。.........続きを読む

2020年3月26日
これまでのロボットでは難しかった角形鋼管の角の部分も連続溶接できます。次の溶接場所に走行レールやロボットを設置する専用台車も開発。盛り替え作業も楽になりました。.........続きを読む

2020年3月25日
RevitとDynamoにより、BIMモデルを使って建築確認申請を行い、様々な法適合を自動判定するシステムです。本格導入されれば、審査期間は半減する見込みです。.........続きを読む

2020年3月24日
建機が発生する微妙な音をスマートフォンのマイクに聞かせて、AIが燃料インジェクターの異常を診断してくれます。日立グループ各社の技術力を生かして開発されました。.........続きを読む

2020年3月23日
河川工事で6時間後の水位や流量を高精度で予測し、メールでアラートを送信します。少ないデータから、これまで経験したことがない高い水位も予測できるのが特徴です。.........続きを読む

2020年3月19日
大正時代に計画された神戸市公会堂のリアルなCG作品が、YouTubeで公開されました。建設は実現しなかったコンペ入賞作が建っていたら今、どんな感じなのかがよくわかります。.........続きを読む

2020年3月18日
現場に設置した4K定点カメラの映像を利用して、工事の進捗率を可視化。AIで重機を自動認識してレポート作ったり、簡単な測量を行ったりできます。最新のオルソ画像はウェブサイトでも公開。.........続きを読む

2020年3月17日
ドラッグアンドドロップなどの直感的な操作だけで、システムが技術資料に基づいて最適な空調・換気機器の選定や資料の作成を行ってくれます。ダイテックのCADWe'll Linxとも連携します。.........続きを読む

2020年3月16日
BIMソフト「GLOOBE」用の3Dコンテンツを提供する「3Dカタログ.com」のユーザーが、設計業務を効率化するための3つの特許が取得されました。一見地味ですが、じわじわと効いてきそうです。.........続きを読む

2020年3月13日
AIが渓流の空撮写真から無数の石を自動的に見つけて径を測ります。粒径分布グラフや3D点群計測も自動化。これまで人間便りだった渓流調査の生産性が、大幅に上がります。.........続きを読む

2020年3月12日
コンクリート外壁を3D計測し、凹凸状況の分布を見える化し、下地調整作業者の作業効率をアップ。開発の背景には建物竣工後に行うタイルの定期調査をコストダウンすることにありました。.........続きを読む

2020年3月11日
タブレットを使って鉄筋の径や本数、ピッチの計測を自動化し、特殊カメラで配筋の3D形状を自動計測することで、配筋検査を効率化します。2020年度中に現場での試行を開始するスピード感です。.........続きを読む

2020年3月10日
BIM/CIMモデルをMR(拡張現実)用に変換するクラウドサービス「mixpace」がHoloLens2やiPadに対応しました。約300MBのサンプルBIMモデルをMRで見ることも成功。.........続きを読む

2020年3月9日
Revitデータを属性情報付きのまま読み込み、3D表示や詳細な2次元図面の作成が行えます。さらに点群にメッシュを張って断面図を作ったり、ESRIのオンラインマップを読み込んで図面と重ねたりできます。.........続きを読む

2020年3月6日
給電ケーブルで飛ぶドローンで、無人化施工の現場を長時間空撮してくれるので、従来のカメラ台車がいりません。重機の操縦は、小型化された「ロボQS」が行います。.........続きを読む

2020年3月5日
360度カメラで動画を撮りながら現場内を歩き回るだけで写真撮影と撮影位置の整理が完了。チャットによる作業指示や過去と現在の比較、そしてBIMと現場の比較などがスピーディーに行えます。.........続きを読む

2020年3月4日
総容量約300MBにも及ぶ中規模オフィスビルのサンプルBIMモデルを、オートデスクが無料公開しました。法規に合致し、応力計算もされているリアルさです。設備のパラメトリックモデルも充実。.........続きを読む

2020年3月3日
野原産業が開発した国内向け新製品のBIMデータを「BIMobject」に掲載したところ、1カ月で93カ国、765件ものダウンロードがありました。日本の建材設備は、海外でもウケそうです。.........続きを読む

2020年3月2日
橋梁上部工の詳細なCIMモデルを、3次元CADを使うことなく自動作成します。鋼橋、PCコンポ橋、PC箱桁橋に対応するシステムが開発されており、生産性は10倍くらいになりそうです。.........続きを読む

2020年2月28日
職員自作の3Dモデルに、家具や人物などを配置し、リアルなVR作品を作る研修が九州技術事務所で行われました。職員自ら地元説明会などでVRを使いこなせば、合意形成もスムーズに行きそうです。.........続きを読む

2020年2月27日
ダイキン工業のクラウド型空調設計支援システム「DK-BIM」に、冷媒管の自動選定や騒音計さん機能などが追加され、空調設計が大幅に効率化されました。独自の「Rebro D」も発売します。.........続きを読む

1 / 7312345...102030...最後 »
前の記事 ≫

Translate »