国産エンジンで”J-CIM”を!フォーラムエイトが「3DCAD Studio」を発売

2013年12月3日

管理人のイエイリです。

今、建設業界では建築ではBIM(ビルディング・インフォーション・モデリング)、土木ではCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の普及が進みつつあります。

ところが、その中心となる3次元CADは、ほとんどが外国製品です。そこで、CADの心臓部となる「3次元CADエンジン」を「関西大学カイザー・プロジェクト」が国産で開発したという話は、昨年(2012年)12月19日付けの記事で紹介しました。

20131203-image5.jpg 20131203-image6.jpg

「関西大学カイザー・プロジェクト」の記者会見であいさつする関西大学の楠見晴重学長(左)と関西大学総合情報学部の田中成典教授(右)(写真:家入龍太)

あれから1年、この切り取り3次元CADエンジンを使用した製品版のソフトがついに完成しました。今月、フォーラムエイトが発売する新製品で、その名は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

「3DCAD Studio」

 

と、同社の3次元構造解析ソフト、「Engineer's Studio」とそろえたネーミングなのです。

ちなみに、価格は18万円(税別)とリーズナブルです。

20131203-image1.jpg

12月にフォーラムエイトが発売する国産3次元CAD「3DCAD Studio」(資料:フォーラムエイト。以下同じ)

20131203-image4.jpg
モデリング機能の一例

それもそのはず、「Engineer's Studio」と同じく、フォーラムエイトの共有データフォーマットやアプリケーション開発フレームワーク、共通ユーザーインターフェースによって開発されたため、Engineer's Studioなどとの親和性が高くなっています。

20131203-image7.jpg

フォーラムエイトの共有データフォーマットやアプリケーション開発フレームワークに乗って開発された「3DCAD Studio」

これは、何を意味しているかというと、同社のバーチャルリアリティーソフト「UC-win/Road」や土木構造物の設計ソフト「UC-1シリーズ」などと連携して、

 

一大CIMソリューション

 

を構築する一つのステップなのです。

フォーラムエイトはソフト開発力を生かして、自社のソフト製品をBIM/CIMのデータ交換フォーマットである「IFC形式」に対応させたり、自社製品同士の間でのデータ交換機能を着々と整備したりしてきました。

そして、頻繁にソフト間のデータ連携図を更新しているのです。

20131203-image3.jpg

2013年12月現在のフォーラムエイトのデータ連携図

フォーラムエイトはWindowsが登場する前のMS-DOSの時代から土木設計のソフトを地道に開発してきました。建築のBIMでは、日本製のソフトが連合した「J-BIMプロジェクト」の活動が注目を集めていますが、フォーラムエイトはその土木版である“J-CIM”を自社の中で構築しつつあるのかもしれませんね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください