属性付きで小分け移動!日本設計がライノ→Revit変換ツールを開発

2016年3月16日

管理人のイエイリです。

BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「Revit」は、膨大な量の3D形状や属性情報をスムーズに扱うデータベースのような機能がありますが、複雑な曲線や曲面を作り出すという点では限界もあります。

一方、数式などで曲面を作り出すRhinocerosは、複雑な線や面を作り出すという点では優れていますが、ビル1棟分の3Dモデルのような大容量のデータは扱えません。

そこで、Rhinocerosで建物の外形や内装のデザインを行い、そのデータをDWG形式で書き出して、Revitに読み込み、引き続いて設計を進めていくという方法がよくとられます。

しかし、この方法をとるとRevitで読み込だときに、すべてのBIMパーツが三角形の面で囲まれた1つの固まりになってしまい、再度、Revit上でトレースして部材に分けてからでないと、設計が行えないという問題がありました。

RhinocerosからDWG形式で書き出した3DモデルをRevitで読み込んだところ。面が三角形に分割され、しかもすべてのパーツが1つに固まっている(以下の資料:日本設計)

RhinocerosからDWG形式で書き出した3DモデルをRevitで読み込んだところ。面が三角形に分割され、しかもすべてのパーツが1つに固まっている(以下の資料:日本設計)

こうした問題を解決しようと、日本設計とディックスはオートデスクの協力を得て、Rhinocerosで作った3Dモデルのデータを

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

属性付きでRevitに

 

読み込めるコンバーター、「ant sat」の開発に成功したのです。

「ant sat」でRhinocerosからRevitに読み込んだ3Dモデル。ちゃんとBIMパーツごとに分かれて、属性情報やテクスチャーも付いている

「ant sat」でRhinocerosからRevitに読み込んだ3Dモデル。ちゃんとBIMパーツごとに分かれて、属性情報やテクスチャーも付いている

開発に携わった人々。左からオートデスク ソリューションコンサルタントの山田渉氏、日本設計3Dデジタルソリューション室長の岩村雅人氏、日本設計建築設計群の吉田秀樹氏(円内はディックス取締役の田村尚希氏)

開発に携わった人々。左からオートデスク ソリューションコンサルタントの山田渉氏、日本設計3Dデジタルソリューション室長の岩村雅人氏、日本設計建築設計群の吉田秀樹氏(円内はディックス取締役の田村尚希氏)

どうやって、パーツごとに分けて読み込めるかというと、Rhinocerosから3Dモデルを書き出すときに「SAT形式」というのを使い、パーツごとに別々のファイルとして書き出します。

そのため、SATファイルの数は数百~数千といった数になります。

このSATファイルをRevitで読み込むとき、それぞれのファイルに対応するBIMパーツを、もとあった座標に配置するようにして建物などを復元するのです。

「ant sat」という名前も、建物全体の3Dモデルを小さな3Dパーツ(satファイル)をアリ(ant)のように1つひとつ小分けにして、移動させるところにその心があるようです。

複雑な曲線や放射線からなる通り芯も、RhinocerosからRevitに渡すことができます。

Rhinocerosで作った通り芯を、Revitに渡したところ

Rhinocerosで作った通り芯を、Revitに渡したところ

また、Excelで各フロアの高さを数値で入力した各階の面積表などのデータをRevitに読み込み、BIMモデルのレベル線を自動設定することもできます。

Excelのデータ読み込み、Revitで各フロアのレベル線を自動作成したところ

Excelのデータ読み込み、Revitで各フロアのレベル線を自動作成したところ

さらに画期的なのは、Rhinoceros側で検討した

 

カメラ設定をRevitに

 

そのまま持ってくることもできるのです。

Rhinocerosのカメラ設定をそのままRevitに持ってくる機能もある

Rhinocerosのカメラ設定をそのままRevitに持ってくる機能もある

これまでは、Rhinoceros側でカメラの位置や画角を調整しても、Revit上では再度、手作業で同じカメラを設定する必要がありましたので、大幅な省力化になりますね。

これまではRhinocerosからRevitへのデータ変換は、その大変さから1回やるのがせいぜいでしたが、「ant sat」ができたおかげで何度もデータ変換を繰り返しながら、よりよい設計へと練り上げていくことが可能になりました。

「ant sat」開発前後のワークフロー比較

「ant sat」開発前後のワークフロー比較

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください