ARで展示ブースを建設!HoloLensによる図面レス施工に挑戦

2017年7月18日

管理人のイエイリです。

2017年7月19日~21日の間、東京ビッグサイトで「第9回インフラ検査・維持管理展」が開催されます。会場では17日から、展示ブースの施工作業が始まりました。

インフォマティクスのブースでも、朝9時から作業が始まりましたが、ブースの造作を担う職人さんたちのスタイルはかなり変わったものでした。

施工に先立って、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

Microsoft HoloLens

 

を着用したのです。

Microsoft HoloLensを着用する職人さんたち(写真:特記以外は家入龍太)

Microsoft HoloLensを着用する職人さんたち(写真:特記以外は家入龍太)

施工するブースの図面。左側には多角形の壁(矢印部分)があり、墨出しには手間がかかりそうだ

施工するブースの図面。左側には多角形の壁(矢印部分)があり、墨出しには手間がかかりそうだ

HoloLensとは、現場の風景にCAD図面などを重ねて表示することができるAR(拡張現実)デバイスです。

インフォマティクスは、6月21日~23日、この会場で開催された「第25回 3D&バーチャル リアリティ展」で、HoloLensによる内装工事にチャレンジしました。

今回はその前段階となるブースの造作作業をHoloLens上に示されるCAD図面だけで施工することにチャレンジしようというのです。CAD図面を表示するソフトは、インフォマティクスが開発中の「GyroEye Holo」(2017年8月発売予定)を使いました。

ブースの角には「原点」となるマークが張ってあり、これで位置合わせをすることにより、CAD図面と現場のXYZ座標がピッタリ重なります。

ブースの角に置かれた「原点マーク」

ブースの角に置かれた「原点マーク」

午前9時25分、作業が始まりました。まずはブースの右からパネルを立て込んでいきます。モニターを通して、職人さんのHoloLensに表示される画面を見ると、目の前にはパネルの縁がCADの線として見えていることがわかります。

ブースの右端パネルの設置から作業が始まった

ブースの右端パネルの設置から作業が始まった

職人さんのHoloLensに表示された画面。パネルの縁がCAD図面として見えている(資料:インフォマティクス)

職人さんのHoloLensに表示された画面。パネルの縁がCAD図面として見えている(資料:インフォマティクス)

ブースは右から左へと施工が進んでいきます。するとパネルができた部分から、早速、クロスの張り付け作業が始まりました。果たして、これまでのところ、ブースは図面通りにできているのでしょうか。

別の担当者がHoloLensをかけて、やや離れたところから現場をチェックします。

HoloLensを着けた別の担当者がやや離れたところからチェックする

HoloLensを着けた別の担当者がやや離れたところからチェックする

HoloLensで見たブース。CAD図面とパネルがピッタリあっているのが確認できた(資料:インフォマティクス)

HoloLensで見たブース。CAD図面とパネルがピッタリあっているのが確認できた(資料:インフォマティクス)

パネルの設置作業は、多角形の壁の部分になりました。壁が22.5度ずつ曲がっているので、通常の作業なら図面と電卓で縦横の座標を出し、メジャーで現場に墨出しを行うところです。

しかし、この現場ではHoloLensを着けた職人さんが、全く何も描かれていない床をHoloLensで見ながら、パネルの位置合わせをしていました。

多角形部分の壁パネルの設置。現場では墨出しせず、HoloLensのCAD図面を見ながら位置を微調整していた

多角形部分の壁パネルの設置。現場では墨出しせず、HoloLensのCAD図面を見ながら位置を微調整していた

HoloLensで見た多角形の壁の部分(資料:インフォマティクス)

HoloLensで見た多角形の壁の部分(資料:インフォマティクス)

完成した多角形の壁

完成した多角形の壁

現場では墨出しを行うことなく、ブースの作業は順調に進み、

 

約1時間後には造作完了

 

し、その後30分ほどクロス張り作業も終わりました。

着工から1時間半で、クロス張り作業も終わったインフォマティクスのブース

着工から1時間半で、クロス張り作業も終わったインフォマティクスのブース

作業の途中、メジャーで寸法を測っている場面も数回ありました。CAD図面に寸法線が描かれていない部分などは、念のためメジャーで確認していたそうです。HoloLensだけでの施工には、工程を考えて図面も工夫する必要がありそうですね。

作業中、メジャーで寸法を確認する場面も見られた

作業中、メジャーで寸法を確認する場面も見られた

HoloLensでの施工を担当した職人さんの感想をインタビューしてみました。藤井義彦さんは「脚立の上でパネルを固定してするとき、パネルの下の位置が合っているかどうかを、常にHoloLensで確認できるので安心です」とのことです。

作業中にCAD図面の座標のずれが大きくなってきたときも、脚立の上から原点マークを見れば修正できたそうです。

また、府川裕介さんからは「細かい木ねじをドライバーで締めるとき、CAD図面の線と重なって見えにくいときもあった」と、作業者ならではのコメントをいただきました。

ドライバーによる木ねじの締め付け作業。CAD図面の線と重ねることもあったという

ドライバーによる木ねじの締め付け作業。CAD図面の線と重ねることもあったという

第9回インフラ検査・維持管理展」で、インフォマティクスのブース番号は「2D-10」です。会期中はHoloLensを使って埋設管を見るなどのデモンストレーションも行うそうですので、ご興味のある方はどうぞ!

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください