i-Con対応、精度も検証!トプコンが3D点群データ処理サービス

2018年1月10日

管理人のイエイリです。

国土交通省が推進する「i-Construction」の普及により、ドローン(無人機)や3Dレーザースキャナーを使って現場を3D計測する機会が増えてきました。

その一方での課題は、複数の地点で計測した膨大な容量の点群データを一つにまとめたり、空撮写真から精度の高い点群データを作成したりすることです。

何せ、データ量が膨大なので、中途半端な能力のパソコンやワークステーションでは、ちっとも仕事が進まない、ということにもなりかねません。

そこで、トプコンの100%子会社であるトプコンソキア ポジショニングジャパンは、2017年12月に、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

3D点群データ処理

 

をサービスとして開始したのです。(トプコンのリリースはこちら

3D点群データ処理サービスのイメージ(以下の資料:トプコン、トプコンソキア ポジショニングジャパン)

3D点群データ処理サービスのイメージ(以下の資料:トプコン、トプコンソキア ポジショニングジャパン)

このサービスによって、建設会社などは手間と時間のかかる3D点群の処理をアウトソーシングすることができるようになります。

成果物となる点群データを作成するツールとしては、トプコンの3D点群処理ソフト「MAGNET Collage」を使い、サービスを受けるユーザーもこのソフトを導入している建設会社などに限定されます。

このソフトの特徴は、大容量のデータをスピーディーに処理できることと、地上型3Dレーザースキャナーやドローン空撮、車載レーザーで計測するモービルマッピングシステム(MMS)のすべてに対応できることです。

地上型レーザースキャナーで計測したデータは、「レジストレーション」と呼ばれる点群データ同士の結合作業を行い、

 

さらに精度検証を行って

 

3D点群データを作り、納品します。

また、ドローンで撮影した写真は、評定や精度検証を行って3D点群データを作り、納品します。

Facebook

「MAGNET Collage」の特徴。従来の「ScanMaster」に比べて8倍のスピードで、25倍の大容量データを処理できる

「MAGNET Collage」の特徴。従来の「ScanMaster」に比べて8倍のスピードで、25倍の大容量データを処理できる

大容量の3D点群処理は、経験が必要な特殊な業務と言えます。自社でたまにしか行わない場合は、こうしたアウトソーシングサービスで“餅は餅屋”に任せると、ムダを省き、働き方改革にもつながりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください