CIM「VR・AR・MR技術」のページを更新

2019年9月17日
VR技術
VR(Virtual Reality:仮想現実)は、さまざまな分野で広く活用され、『VR元年』と呼ばれた2016年を皮切りに建設業界でもCIM の取り組みを中心に活用され始めており、本物さながらのデータの中を車両やアバター(人体モデル)を操作することで、施工手順や危険箇所などの確認が可能です。

さらに、VRに特化したヘッドマウントディスプレイ(HMD:頭部に装着するディスプレイ)や、ルームセンサー、コントローラーなど、各種デバイス(端末)を装着することで、自分自身がVR空間に没入している臨場感を得られます。

このような新しいデバイスが数多く登場し、建設業界でも日常的に活用されつつあります。

続きは、岩崎のウェブサイトで。